6.5 C
New York
木曜日, 4月 25, 2024
spot_img

株式会社猿は怪しいのではと言う評判や口コミ

株式会社猿,山本尚宏について注意喚起します。株式会社猿,山本尚宏は、詐欺とは言えないけど倫理的には非常に問題がある会社です。というのも、株式会社猿,山本尚宏は、投資詐欺の噂がある会社を『おすすめヘッジファンド』として取り扱うランキングサイトを作りまくっているからなのです。その一つが『不動産投資の教科書 https://fudousan-kyokasho.com/』というサイト。一見健全なサイトに見えなくもないのですが、実は、投資詐欺まがいの会社を推薦している悪質なサイトです。健全な投資会社を推薦する一方、詐欺まがい投資会社をひっそりと推薦する手法をとっているので、一般人から見れば見分けがつかないようになっています。とても巧妙で悪質な手法です。

株式会社猿,山本尚宏が運営する不動産投資の教科書は、怪しい会社を推薦しています。どの会社が怪しいのか?気になる方は直接メッセージ頂ければ教えます。

もう一度言いますが、株式会社猿,山本尚宏が運営する不動産投資の教科書は非常に危険なサイトです。不動産投資の教科書のサイトを信じてヘッジファンドに投資をしないようにしましょう。

山本尚宏,不動産投資の教科書

山本尚宏は、自身が運営する不動産投資の教科書というサイト内で、非常に悪質なスキームを展開している投資会社を推薦しています。それらの投資会社の特徴をご紹介しますので、特徴が一致する会社への投資は行わないようにしましょう。

・合同会社
・住所がレンタルオフィス
・金商の免許がない
・社員権を販売している
・不安な方は是非担当者に会って話を聞いてみましょう!と書かれている。
・その会社の名前でグーグル検索すると、同じようなランキングサイトやステマサイトが大量に出現する

これらの悪質なスキームを展開している会社を、株式会社猿,山本尚宏は『安全な投資先』『資産を2倍にできる』『資産1億円を実現できる』などと説明し、推薦しているのです。株式会社猿,山本尚宏はなぜこのような怪しいな会社を推薦しているのでしょう?手数料や報酬をもらっているからとしか考えられません。もしそうだとしたら、詐欺の片棒を担いでいると言われても仕方がないと思います。
株式会社猿,山本尚宏はステマを請け負っている会社である疑惑が濃厚です。株式会社猿,山本尚宏が運営するサイトは一切信用しないようにしましょう。

株式会社猿,代表取締役 山本尚宏

株式会社猿,代表取締役 山本尚宏の問題点を追及しているツイートがありましたのご紹介します。

『代表取締役 山本尚宏に、怪しげなヘッジファンドを推薦するサイトを乱立するのは何故かと尋ねたところ無視されている』というツイートです。もしかしたら気づいていないだけかもしれませんが、ここでのキーポイントは、

・どこを向いても詐欺だらけ
・ヘッジファンドの多くは詐欺
・ステマだらけ

です。ぜひ覚えておいてください。

株式会社猿,山本尚宏の口コミ

株式会社猿,山本尚宏が推薦しているヘッジファンドについては下記のような口コミが投稿されています。

・これらの業者全てがレンタルオフィス。会社実態はなく、行ってみたらもぬけの殻でした。

・レンタルオフィスで資金を集め、集めたお金を海外にまとめて送金しています。

・合同会社の社員権を販売し、返金に応じません。

こんな怪しいヘッジファンドを、株式会社猿,代表取締役 山本尚宏は推薦しています。株式会社猿,代表取締役 山本尚宏が運営するヘッジファンドや不動産投資のサイトは絶対に信用しないようにしましょう。

不動産投資の教科書の山本尚宏の評判を知りたい方は掲示板があるのでそこを利用しましょう。ついでにブックマークに入れておきましょう。いつ何時有益な書き込みがあるかわからないですから。

当サイトは、株式会社猿,山本尚宏の口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

会社名:株式会社猿
代表者:山本尚宏
住所:〒107-0061 東京都港区北青山1-3-6 SIビル青山5F
TEL:03-5413-8021
FAX:03-5413-8024
URL:https://saru.co.jp/
ツイッター:https://twitter.com/naohiroyamamoto

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました