6.7 C
New York
火曜日, 4月 23, 2024
spot_img

大野磨秀(Matt+)の動画編集スクールEditPlus(エディプラ)の料金と評判

大野磨秀(Matt+)の動画編集スクール「EDITPLUS(エディプラ)」は動画編集をマンツーマンでサポートしてくれるスクールで、動画編集を仕事にできる人を育てています。

ホームページはさすが動画制作業者のもので、かなりデザインに凝ってるようなスタイリッュなものでした。

過去に130名のコンサル生を輩出していて、多くの人が動画編集のメインの副業として取り組んでいるようです。

ただ、大野磨秀やエディプラなどのキーワードで評判や口コミを調べても何も情報が出てこず、本当に生徒がいるのか、やや怪しく思ってしまいます。

大野磨秀(Matt+)が動画編集事業で成功しているのが本当であれば情報が出てきてもいいはずなのに、そういうものが全く出てこないのです。

EditPlus(エディプラ)を怪しいと思ってしまう人が出てきても仕方がないかもしれません。

EditPlus(エディプラ)のホームページ内には「メインの副業」という単語が登場します。

メインの副業という日本語がちょっとよくわからないのですが、とにかく副業として動画編集でお金を稼ぐことができるということでしょう。

この会社だけではさばききれない量の案件があるため、それを振ってもらうこともできるというようなことが書いてあります。

EditPlus(エディプラ)の費用

気になるEditPlus(エディプラ)の料金ですが、動画編集スクールの価格破壊を起こしますと書いてあります。

ホームページ上には「6万円」と記載がありましたが、動画編集スクールはだいたい数万円から高いものでは50万円ぐらいしますので、6万円では済まない可能性があるので注意した方がよいでしょう。

他社の動画編集スクールの費用と比べてもかなり安いということが書いてありますし、案件を取れるレベルの動画編集を支援してもらえるということなので、このスクールが気になる方はまずはお問い合わせのところから実際に質問をしてみるのが良いと思います。

追加料金がかかるかかからないかだけでもクリアーにしておくべきしょう。

大野磨秀,怪しい

会社情報や代表者情報を調べてみたところ、特別気になるところはありませんでした。

会社は都内や大阪というところではなく、栃木県というちょっと田舎なのですが、今の時代はどんな地方都市でもクオリティの高い仕事ができればお金を稼ぐことができますので、その好例というのではないでしょうか。

もし自分が田舎に住んでいて、自然の中でお金を稼いでいきたいという人は、動画編集などのスキルを身につけることもとても良いと思います。

ただしスクールに通ったところで絶対にお金が稼げるわけではありません。

ソフトの使い方やクライアントとのやり取りなど、学ばなければならないことがたくさんあるでしょう。

作るからにはある程度の覚悟が必要ですし、生活の中で何時間かは勉強のために当てる時間も必要だと思います。

大野磨秀のところで動画編集を学んだとしてもそれが売り上げにつながるかどうかと言えば、怪しいと言わざるを得ないでしょう。

EditPlusの評判

動画編集スキルは一度身につけてしまえば一生ものなので、副業を考えているという人や動画編集の世界で働きたいと考えている人は詳しく見てみる価値がありそうです。

SNS上では「受注できるほどの実力ない」という辛辣な意見もありましたが、これは投稿者自身のことを書いているのか、それとも大野磨秀(Matt+)のことを書いてるのかどちらかは分かりませんでした。

ただ、通常の読み方をすれば、大野磨秀(Matt+)のことを指しているのだろうと思います。

エディプラがSNS上で投稿している動画を見ると、たしかに確かに素人っぽい動画が多い印象は受けました。

あくまで印象ですし個人的な意見です。

大野磨秀の評判

本サイトは、Matt+の動画編集スクールEditPlus(エディプラ)の口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


販売業者:Matt+
運営統括責任者:大野磨秀
所在地:栃木県那須塩原市8-49
電話番号:080-7002-7458,08070027458
電子メールアドレス:[email protected]
URL:https://matt-plus.com/

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました