10.4 C
New York
水曜日, 2月 28, 2024
spot_img

西野えいすけ,西野栄祐は怪しいという評判と口コミ

西野えいすけ,西野栄祐に怪しい部分が見え隠れするので注意喚起をいたします。西野えいすけの評判や口コミを探していた方、ぜひ参考にしてください。

西野えいすけ,経歴

西野えいすけの経歴からご紹介しましょう。西野えいすけ(西野栄祐)という人物、福井県生まれで不動産会社で務めた後、フリーランスに。自宅起業を勧め、10冊の著書とkindle出版王という謎の肩書を自称し、自分の出版以外に170の本(おそらく電子書籍)をプロデュースしていると豪語しています。実際に、kindleでは個人での自費出版が可能になっているため、それを多く売り上げる人物がいたとしても、それ自体は不思議ではありません。ただし、kindleの自費出版で稼いでいる人々は基本的にエンタメ関連とアダルト関連です。生半可な一朝一夕で身につけたスキルでそうしたスターダムに乗ることは、はっきり言って、宝くじのジャンボ一等賞に当選することより不可能です。

西野えいすけ,kindle

西野えいすけ(西野栄祐)でkindleの本を検索すると、基本は300円から1000円程度までの本がずらりと並んでいますが、どれもこれも副業、集客、そしてkindleで本を出して稼ぐには?というようなノウハウ系の本ばかりが出てきます。というか、それ「しか」ありません。さらに、一部では大変悪評と詐欺まがいとの評価で名高い土屋ひろしという人物とのコラボ合作までが売られている始末(本記事冒頭画像を参照)。ネオヒルズ族と自称して、高い情報商材やセミナーを売りつけ、各種怪しい商材屋(与沢翼など)にも接近していると言われている、要注意人物です。モーリシャスのデート&エスコートサービスの会社を使って銀行から通報されるようなこともありましたよね。

西野えいすけ,怪しい

もちろん、土屋ひろしが怪しいことは言うまでもないですが、今回の主題はこの西野えいすけ(西野栄祐)です。彼は自分が経営している会社で、初心者でもリスクゼロで毎月5万円の継続報酬を得る電子書籍出版講座、という名前の情報商材を売っています。ちなみに、早割価格(何がどう早いのか説明がまったくないのですが)19800円が今なら9800円だそうです。そして、安い分動画やサポートなどもありませんし、返品不可。その推薦人がなんと土屋ひろしというのですから、もはや何も言うべき言葉が見つかりません。

西野えいすけ,料金

そして、その彼のノウハウで儲かったという喜びの声はたくさんありますし、それらの人物は確かに実在しているようですが、こちらの商材、あくまでも「kindleで出版するにはどうしたらいい?」ということと、後はいくつかの本人のノウハウが書かれているようですが、極論すれば「ちょっと高い本を買った」ということで、諦めがついてしまうという料金なのがポイントです。また、昔あった詐欺まがいの手法に、市営住宅などの抽選の代理というものがありました。手続きをすれば誰でも、それこそ複雑なノウハウなども要らないのですが、数千円程度でそれを代行するというものです。もちろんこれも詐欺ではありません。そして、西野えいすけ(西野栄祐)の情報商材通りに本を作ったとして売れなかった場合は、何よりも自己責任です。また、あなた自身、このノウハウが役に立たないものだと思ったとして、警察に詐欺だ! などと訴えるでしょうか?9800円では100%で詐欺としては立件されませんし、法的にも難しいでしょう。つまり、西野えいすけ(西野栄祐)は小銭が欲しいのです。そこにお金を払うことで生活や人生が破綻する金額ではないので、西野えいすけも特に良心が痛むこともなく、今もこの事業を続けています。購入すること自体は自由ですが、仮にも1万円近い料金の商材、人に募金する趣味があるのであれば止めはしませんが、一度よく考えてください。

西野えいすけの評判

本サイトは、西野えいすけの評判を募集しています。お気軽にご連絡ください。

西野えいすけのツイッター
admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました