7.8 C
New York
月曜日, 4月 22, 2024
spot_img

加藤鷹幸の経歴や評判とその怪しい投資ブログについて

加藤鷹幸という方はご存知でしょうか?元サラリーマンで、現在は投資で1000万円以上の不労所得を得ているということで話題になっている加藤鷹幸ですが、彼の投資ブログに怪しい部分が見え隠れするので注意喚起させていただきます。加藤鷹幸の投資の評判や口コミを探していた方、ぜひ本記事を参考にしてください。

加藤鷹幸,投資

不景気になればなるほど、貯蓄が可能な層はより貯蓄に励みます。それ自体はとても素晴らしいことです。ただ、例えば100万円を預けても、1年後にもらえる利子は2円や3円と言った、駄菓子屋ですら使えないレベル。なのにちょっとした時間外のコンビニATM、或いは他行への振込などをすれば200円300円がすぐに飛んでいくのが現実。こうなってくると、やはり興味が出てくるのは投資ではないでしょうか。
ちまたにはインターネットで検索するだけでも、無料でそれなりの情報がたくさん存在しています。ただ、投資のいろは、などというものを教えてくれる人は……全員がそうではありませんが、詐欺まがいのことに手を出し、こうした不安になっている人々をカモにする不届きな輩がとても多い、というのが悲しきかな現実です。そして、今回紹介する加藤鷹幸という人物、こちらはワンルームアパート購入からスタートして、様々な投資を行いつつ、メインは不動産投資、という経歴を持つ人物です。彼の言う投資が本当であれば、私がこのブログの記事を書いている時点で、最低でも収入として年間1600万円が入ってくる(それ以外に投資信託を持っている)ということです。

加藤鷹幸,不動産投資

ああ、すごいな。世の中にはそういう人もいるんだなと終わればいいですし、不動産投資のノウハウを売っているという人物ももちろんいます。ただ、もし私が不動産投資をしている人間であれば、誰かにノウハウを教える=私が欲しい物件を誰かが買ってしまう確率が高くなる、と思うので、私であればそう簡単に教えることはありません。少なくとも、不動産と賃貸関連のビジネスに最低でも数年は関わって、初めてそのノウハウを得る事ができるのではないでしょうか。加藤鷹幸は本を出版したりもしていますが、その内容もあまり芳しいレビューは少ない、いえ、より正確に言えば、加藤鷹幸は怪しいことをしているということでもっぱらの評判なのでした。

内容はスッカスカで具体的な事例の詳細も一切書かれていません。実際には分かりませんが、あんなやり方では実際に本書で書かれている程にも上手くいるとは思えず、恐らく相当盛られた話で、虚偽の内容もふんだんに含まれていると感じました。

アマゾンより引用

加藤鷹幸が実際に素晴らしい不動産投資家であればこういう評判は投稿されないですし、各種メディアなどにもっとクローズアップされることでしょう。

加藤鷹幸,怪しい

と、ここまでは典型的な詐欺まがいの小者、十把一絡げにネット上にいくらでもいるタイプの人物なのですが、加藤鷹幸が怪しい、恐ろしいのは、〇〇(都合により伏せます)の投資を勧めていることです。こちらの会社、正直なところ、何をしているのかがよくわかりません。どちらかと言えば口コミ、或いは人の紹介などで広げているようで、表向きの公式な情報は極めて少ないのです。ただ、それらの情報を拾っていくと、導き出される内容は、とにかく配当が年10%以上、それどころか多い時はほぼ100%、平均は30%というものです。まるで法律がグレーゾーンだった時代の消費者金融のような金利です。ということは、この金利以上に稼がなければ、〇〇には利益が出ないのです。もしこの金利をコンスタントに叩き出せるビジネスモデルを持っている会社だとしたら、世界中の投資家から注目が集まります。一般人に投資の門戸など開くはずもないのです。現状はまだ海のものとも山のものとも言えないという状態ですが、これを千載一遇のチャンスだと思うのであれば、止めはしません。ただし、そんな怪しい儲け話をすすめる加藤鷹幸という人物、彼の口車に乗る場合は自己責任ということを忘れないでください。(加藤鷹幸が推奨している〇〇と同じものを、horishinも推奨しています。彼の名も、怪しい人物としてマークしておいてください。)

加藤鷹幸の評判

本サイトは、加藤鷹幸の経歴の情報や口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました