6.7 C
New York
火曜日, 4月 23, 2024
spot_img

麻田樹の投資は怪しいという評判

麻田樹の投資は怪しいという評判を頂いたのでご紹介します。(ここから)
始めまして。
私は麻田樹に●されました。
お金ほしさに欲が眩んでしまったと言えば自己責任ではありますが、一瞬にして大金を支払ってしまったことを後悔しています。
事の始まりは小学校のときからの友人です。仲良くも悪くもない仲で、特に連絡を取ることはしていませんでしたが、Twitterであるとき投資の話を聞き私が興味があると話したところから頻繁にLINEで連絡を取るようになりました。それから何ヶ月か経ったところであるとき巷では出回っていないすごい自動売買のツールがあると聞き、話を聞くことにしました。それから連絡を続けていくとその友人の友人を紹介されましてそちらでも連絡を取るようになりました。
自動売買ツールを使うにはある社長と面談してから適性があるか見てもらってからと言うことだったので直接会いに行くことにしました。そこにいたのが麻田樹でした。
会う前に自動売買の購入金額は著作権の関係があり、教えられないと言われていたので高額であることは想像がついたのでキャッシュカードは念のため置いていくことにしました。
実際に会って話を聞くと元金20万円で4ヶ月でツール代金の元がとれるという話でした。ツールの代金は80万円でした。正直驚くほど高かったですが、友人も実際に稼いでいて一切損失が出る話もされておらず実際に20万円ほど増えている口座も見せてもらったことから購入すると決断しました。その場ではもちろんお金は無いのでその旨を伝えると、今からお金をおろしにいこうと言うことになりましたが、キャッシュカードも置いていったので出来ませんでした。しかし、クレジットカードは持っていたのでその場でサラ金でお金を借りるよう促されました。今の時代はサラ金でお金を借りるのはそんな大したことないなど言われました。その場で払ったらツール代の消費税が掛からなかったらしいです。しかし、これも審査に時間がかかりその場では無理だったので自宅に帰ってから振り込むことにしました。
実際に使ってみると確かに利益が出る時もありますが、週に数千円稼げる程度で到底4ヶ月で元を取ることなんてできませんでした。しかもマイナスが出る時はどんどん掛け金が大きくなって取り返そうとしてくるシステムで結局ロスカットされて大きな損失となりました。ツールを信じて1年ほどやりましたがトータルでマイナス6万円程。
最近になって友人に電話をしてみたところ麻田樹社長はその友人のお金すら横領していてグループ会社から追放されたと聞きました。今はその友人も麻田樹とは縁を切っているようです。
あの頃の私は心に余裕もなく、家族や友人、会社の同僚にも言えずにいました。言えなかった理由は麻田樹に大金を払ったことに馬鹿げていると絶対に言われるのはわかってましたが、それよりもこっそり稼いで驚かせてやりたいと言う感情が大きかったです。今でも周りには80万円を見ず知らずの自称社長に払ったことは言えていません。ツールを使用している時はマイナスになっているたびハラハラですごい精神をすり減らしていました。
不幸中の幸いとすれば、あのときサラ金からお金を借りてまでやっていなかったことでした。

・いくら払ったのか?
86.4万円(会いに行く交通費や損失を合わせたら100万近くになります。)
・カード?銀行振り込み?
銀行振り込み
・なぜ契約しようと思ったのか?
4ヶ月で元が取れ、実際に稼ぐ友人を見ていたから
・なぜ詐欺だと思ったのか?
全く稼げなかった為
・消費者センターや弁護士に依頼した?
まだしていません

全額取り返せるとは思えませんが、少しでも返ってきて欲しいと願っております。
同じように騙された方々も絶対にいるはずです。
その方達と連絡を取ることもできないですが、ここで団結したりできたら精神的にも楽になるのでは、と思いメッセージ送らせていただきました。
どうかよろしくお願いします。
(ここまで)
アドバイスをメールで送りました。

麻田樹の掲示板があるので返金希望者はそちらで団結しましょう。

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました