14.6 C
New York
土曜日, 4月 13, 2024
spot_img

株式会社宙道,近木昭裕の在宅ワークは詐欺かもしれない

株式会社宙道,近木昭裕の在宅ワークは詐欺かもしれないので注意喚起します。詐欺かもしれないと思う理由は後で説明するとして、この株式会社宙道(近木昭裕)という会社、2018年に閉鎖登記が出されているようなのです。にも関わらず、各種求人サイトでまだ求人広告が掲載されています。閉鎖していると思われる企業の求人を掲載している在宅ワークサイトって何なのでしょうか?こういうサイトを通して求人に応募すると、後でどんなトラブルに巻き込まれるか、わかったものじゃありません。そこのところ、よく考えてください。
本人確認が不徹底な在宅ワークの求人サイト一覧をご紹介します。利用してはいけない危険なサイトとして、エクセルなどにリスト化しておきましょう。そういう細かい努力が後でものを言うと思います。

エンゲージ
https://en-gage.net/chudo/

かんたん求人
https://kantan-kyujin.com/ats/1056073664484618241/jobs/0000001

この2サイト以外なら安全なのかというとそういうわけではありません。例えば、ママワークスというサイト。このサイトも詐欺まがいなサイトなのです。というのも、

ママワークスのとあるページは、8割がた在宅ワーク詐欺会社で埋め尽くされているのですよ。

偽名を名乗ったり、住所を横浜駅に設定したり、嘘ばかりついていたbuzrichも、ママワークスで求人広告を掲載していました。

以上のように、ネット広告を元に在宅ワークに申し込むはとても危険です十分に用心しましょう。

近木昭裕,自己破産

破産者マップに、近木昭裕の名前が掲載されていました。この情報が事実だとすると、近木昭裕は自己破産経験者だという事になります。今時自己破産は珍しくないので、これだけなら問題はないのですが、近木昭裕は、情報商材やコンサルを売った相手と、金銭消費貸借契約を交わしているようなのです。借金を合法的に免れるため、近木昭裕は、自己破産を利用した可能性があります。もしそうだとしたら、近木昭裕はとんだ食わせ者です。

金銭消費貸借契約は詐欺のツールとしてよく使われます。詳しい内容はこのページをご覧ください。

本来は、企業に対する投資なのに、何故か、お金の貸し借りを示す、「金銭消費貸借契約書」での契約に. なっていた。https://www.pref.aichi.jp/police/anzen/akushitsushouhou/documents/hpjikosinndanchecklist.pdf

このように、金銭消費貸借契約を要求されたら詐欺を疑いましょう。

株式会社宙道,近木昭裕は、山で遭難した近木昭裕と同一人物の可能性が高いです。

兵庫の男性が遭難か 高知・越知の横倉山:  25日午後6時45分ごろ、高知県越知町の横倉山で、兵庫県西宮市甲子園浜田町の近木昭裕さん(35)から携帯電話で「遭難した。谷に落ちた」と110番があった。 http://bit.ly/kbYkMs

自己破産したり、山で遭難したりと、世間に迷惑ばかりかけているのが近木昭裕という男。

株式会社宙道,近木昭裕の評判

株式会社宙道,近木昭裕の評判を調べてみると、このような評判を発見することができましたのでご紹介します。

・株式会社宙道の求人に応募した。会社を作る話になった。資金がないので消費者金融に連れていかれた。手数料をとられた。
・情報商材を売りつけられた。
・契約に基づいたコンサルを行わない。

株式会社宙道,近木昭裕の口コミ

株式会社宙道,近木昭裕の在宅ワークに申し込みを考えている人は、株式会社宙道,近木昭裕がまだ本当に会社として登記されているのかを確認すべきだと思います。

当サイトは、株式会社宙道,近木昭裕の口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

株式会社宙道
近木昭裕
0662278926
大阪府大阪市中央区南船場3-6-1 サイプレス心斎橋503
大阪市中央区南船場3-6-1 サイプレス心斎橋503

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました