11.3 C
New York
水曜日, 2月 28, 2024
spot_img

株式会社アイネット証券のループイフダンは怪しいのでやめとけという評判

株式会社アイネット証券のFX自動売買システム「ループイフダン」は儲からないと思うので、今回は少し警鐘を鳴らさせていただければと思います。既に私は何度もFXや自動売買システムについての落とし穴、危険性、注意すべき点については皆様にお伝えしてきたつもりです。本当に自分にとって合っているのか、適切なのかを判断し、リスクを取らねばなりません。今回は株式会社アイネット証券のFX自動売買システム/ループイフダン(電話番号:0120-916-707,0120916707)について述べさせていただきます。評判や口コミが気になっていた方はぜひ最後までお付き合いください。

資産運用については、新NISAの方も近づいてきており、にわかに活気づいていると思います。そして、当然活気づく場所というのは、繁華街然り夜の街しかり、どうしてもそれらをうまく利用しようとする詐欺師やペテン師、そして合法であっても人をはめ込むようなビジネスをする輩、というのも増えてくるものです。

今回ご紹介、もとい警鐘を鳴らさせていただくのは、FXのアイネット証券という会社です。先に述べておきますが、証券と名前がついているだけで、実際はFXの業者です。最近ではFXでの破産などの話も多くあるため、名ばかり証券会社(証券がFXを扱っても特に違法ではないし、大手の企業でもある)というのがよくあります。そして、紛れもなく合法ですし、特にFX相場というのは良くも悪くも仕手筋のようなことが簡単にはできないため、業者が悪徳、ということも少ないのは事実です。

そして、このアイネット証券ですが、ループイフダンというFXの自動売買のツールを推奨しています。サイトをパッと見て流し読みしたとして、ある程度知識がある私でも、その本質は何かと言われれば、少し顔が曇ってしまうものでした。

というのも、まず当然ですが、自動売買のツールではあなたの損失について、当然ですが業者は責任を負いません。これはどんな大企業でもそうです。FXの自動売買のソフトを導入し、それに任せることそのものが自己責任ですので、失敗するか成功するかも、それについては私ではお答えしかねます。ですが、それでも一つ言えることは、このループイフダンというのは名前のままで、ループするイフダン取引を表しています。

イフダン取引というのは、何円以上になったら売る、何円以下になったら買う。そしてそれらが何円以上、何円以下になったら反対売買を行うというルールを決めたものです。それを文字通り何度も行う、というわけです。

ただし、取引手数料は無料なので、仮に100回、1000回取引してもアイネット証券には利益になりません。そしてそれが消費者への安心感を示唆しているのだと思いますが、スプレッドというものがあります。それは、例えば100円で1ドルを買う場合、この際買うときには必ず100円10銭で買う、売るときは99円90銭で売る、というように、実際の相場とは差を設けています。これをスプレッドといい、アイネット証券はこのスプレッドについて、私が見た限りでは表向きのウェブ上では公開していません。最終的には契約書などのどこかに書かれていると思われますが、それにしても表に出さないというのが、実に引っかかります。また、実際に利用しているユーザーからは、スプレッドが他社よりも大きいため利益が出しにくい、という指摘が出ています。(本記事表記画像を参照)

そう、アイネット証券は詐欺ではありませんが、他社より大きめのスプレッドで売買を繰り返し、それで利益を得ようとしているのです。しかも、全自動です。それをどう思うかはあなた次第です。ただし、自己責任であることを忘れないよう、お願い致します。

ループイフダンの評判

本サイトは、株式会社アイネット証券の口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


商号:株式会社アイネット証券
所在地:東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 24階
メール:[email protected]
電話番号:0120-916-707,0120916707
URL:https://inet-sec.co.jp/

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました