4.4 C
New York
火曜日, 2月 27, 2024
spot_img

ATRACK株式会社,國俊征士郎の動画編集VIDEO CAMPの評判

ATRACK株式会社(福岡県博多),國俊征士郎と言う方が主宰している動画編集のスクール「VIDEO CAMP」について今回は取り上げたいと思います。VIDEO CAMPの評判や口コミを探していた方はぜひ参考にしてください。

VIDEO CAMP,料金

ATRACK株式会社が主宰する「VIDEO CAMP」の説明会は無料です。しかし本参加のためには相応の料金がかかるものと推測されます。その料金はプランによって異なりますが、公式サイトによると、最低額の短期集中プランで98,000円となっているようです。

また、動画「編集」で稼ぐというようなことをATRACK株式会社はおっしゃっています。これについては需要がありますし、在宅ワーカーにも人気となっています。ただし、同じ5万円を稼ぐにしても、動画編集というのは表に名前が出ることも少なく、ただただ「作業」をこなすことになります。収入が安定する、テレワークにピッタリなどとATRACK株式会社,國俊征士郎は書いていますが、動画編集以外何もできない、自分にはスキルが動画編集以外全くない、という方には、ある意味おすすめできるのかも知れません。

ATRACK株式会社,怪しい

なお、ATRACK株式会社が運営する公式ラインですが、登録者がわずか185人、國俊征士郎らは一生懸命頑張っているようですが、185人の登録者の人間が、趣味で動画をしているというのならまだ話はわかるのですが、185人しか集客をできないATRACK株式会社(福岡県博多)が何を言っても、心に響かないのですがいかがでしょうか。
國俊征士郎の動画編集VIDEO CAMPスクールが本当に価値のあるものであり、成功した動画クリエイターを何人も輩出しているのなら、VIDEO CAMPへの申込者が殺到するのが普通だと思うのですが、わずか185人なのです。この数字を多いと見るか少ないと見るかは各人の主観にお任せしますが、私個人としては、料金を支払うのは見合わせた方が良いと思うのです。

VIDEO CAMP,講師

ISSEI(いっせい)と言う方がVIDEO CAMP動画編集スクールの講師を務めています。VIDEO CAMPに入会すれば現役の動画編集クリエイターISSEI(いっせい)から指導を受けることができます。しかし動画編集を教えるクリエイターはほんとに必要なのでしょうか?基本的に動画編集スクールというのは、教えることが基礎的なことも多く、その基礎的なことはほとんど独学でできるものです。自分で動画を勉強して、その後になって必要な部分だけをスクールで学ぶというのが効率が良いと思います。動画編集クリエイターがメンターに付くことで自分のペースが崩れてしまうこともあるでしょう。
何も分からない状態でVIDEO CAMPに料金を払って入会しても、余計な事まで教わってしまうリスクがあるでしょう。動画スクールで勉強してそこで稼げるようになりたいと思うのであれば、まずは本を一冊買って、独学をやってみることです。今では感覚的に操作できる動画作成ツールが山ほどありますし、ブラウザで起動する簡単なソフトもあります。料金を払って、スクールで動画作成を学ぶ時代ではないのかもしれません。

國俊征士郎,VIDEO CAMPの口コミ

当該事業者について知りたい方はこの掲示板に集いましょう。

本サイトは、國俊征士郎,VIDEO CAMPの口コミを募集しています。お気軽にお問い合わせください。


Eメール:[email protected]
会社名:ATRACK株式会社
URL:https://atrack.jp
URL:https://video-camp.com/lpf2/
所在地:福岡県福岡市博多区豊一丁目9-27-111 HF博多東レジデンス2
代表者:國俊征士郎

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

1コメント

  1. 初めましてヒロと申します。
    動画編集、カットの部分や、フルテロップに関しては、自動化されている部分があり、その部分を皆にしれ渡ればば、飽和状態になる可能性は、極めて高いと思います。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました