11.3 C
New York
水曜日, 2月 28, 2024
spot_img

ハー美咲(Misaki Harr)=原田美咲,ホリスティックヘルスコーチの口コミや評判

ハー美咲(Misaki Harr)、もとい原田美咲という女性を皆様はご存知でしょうか。「幸せパフォーマンスコーチ養成講座」を運営し、「50万円稼げた弟子がいる」「2か月で月商200万円稼いだ」等と豪語する女性です。(本記事表記画像を参照)。ただ、少し調べていくにつれ、怪しい部分・疑問に感じる点が出てきましたのでそちらを共有させていただきます。今回は、ハー美咲(Misaki Harr)=原田美咲が運営する講座についてレビューをしますので、評判と口コミを探していた方はぜひ参考にしてください。

人を煙に巻き思い通りに操縦するとき、たいていの場合論理的に考えられる余地を奪う仕掛けとして「心霊的なもの」を挟み込む。霊的なものと言うわけではないが、コロナ化の真っただ中に、「ホメオパシー」という現代医学ではとうに否定されている療法を持ち出した私立病院があったりと、論理的な思考の枠を外れて、特別な効果が得られるものに、もしかして人は惹かれていくものなのかもしれない。珍妙なサプリメントがマルチに利用されるのも、そんな人間がいるからかもしれない。

さて、ホリスティックという考え方がある。栄養学と心理学?を融合して健康を増進しようという理論らしい。いろいろと調べてみたが何が何やらさっぱりわからない。こういう考え方のずるいところは、論理的に考えてくると生じてくるブラックボックスのような矛盾点を「霊的な何か」や「非科学的な独自理論」で強引に矛盾を解決しようとする所だ。ホリスティックは要は「人間関係を円滑にして、栄養のあるものを食えば幸せになる」というものだろうか。こういう論理のブラックボックスがある理論や哲学は往々にしてマルチなどに活用できる。

ハー美咲(Misaki Harr)という人物がいる。ホリスティックを活用したセラピーを実施しているそうだ。ホリスティック栄養学というのを使ってビジネスをしているようで、なんでも二か月で月商二百万売り上げたという話もある。いろいろ口コミや評判を集めたけどこの人のやっていることは、いわゆるマルチというよりは自分と同じようにホリスティック栄養士みたいな存在を増やしていくことだ。原田美咲は相当頭がいい。ホリスティックを施すことに主眼を置くと、私のような捻くれ者が必ず出てきてあれやこれや突っ込みを入れてくるだろう。息長くこの材料で金を集めるなら、店を開きたがるフランチャイズみたいな形で弟子を集めたほうが効率がいい。

ありがちなサロンビジネスは、主宰者が教祖的な存在となり宗教化していく。経営学などのサロンであれば、一定の学問的な裏付けがとりやすいから、自身のアピールに批判のスキを消すことが簡単にできるが、スピリチュアルや占いのサロンは、主に女性などを中心に人を集めやすいが、結局ウソで作られた構造はすぐに暴かれるから崩壊も早い。

今やこういったサロンビジネスはもちろん、オレオレ詐欺だって、対象の顧客層は「釣り堀の魚」みたいな状態になっている。ちょっとやそっとの儲け話や詐欺の仕組みはもう食傷されている(もちろん一定数だまされる人は存在するが)。つまり商材の傾向に変化が生まれ始めていると感じる。食われる側に誘導されるより、食う側になるよう仕向けるものが増えてきている。だまされるよりだますといった立場のほうが参加する人の優越感をくすぐることもできる。要は共犯関係を築くことで突っ込みを回避するのだ。(ハー美咲がそういうことをしているとは言ってはない)

ホリスティックはまだまだ日本では知名度がない。ゆえに狙い目なのだろう。サイドビジネスやサロンビジネスの中にはもはや犯罪すれすれになるものも多い。ホリスティックが犯罪だとは言わないが、よくわからないブラックボックスがある以上、慎重に身構えたほうがいい。

ハー美咲の評判

本サイトは、原田美咲(ホリスティックヘルスコーチ)の口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました