10.4 C
New York
水曜日, 2月 28, 2024
spot_img

株式会社ADC3.0(東真梨子)どんどんコリアスクールの料金や評判

社会が不安定化する昨今ですが、独立する!となると、色々と不安がつきまとうのも当然だと思います。独立してすぐに売るものがある、スキルがある、という方であればもはや私のこの記事を読むまでもなく、既に独立を果たし、なんの憂いもなく前に進んでおられることでしょう。しかし、この記事を今もなお読んでくださっている皆さんは、独立に二の足を踏んでいたり、怪しいビジネスや詐欺まがいのものを見分けたい、そう思っておられるのではないでしょうか。
そして、今回もそんな皆様のご希望、そして不安に一つのアンサーとして答えるべく紹介させていただくのが、株式会社ADC3.0(東真梨子)(電話番号:06-6131-5125,0661315125)が運営する「どんどんコリア」という物販スクールです。
こちらはティックトッカーのソアという韓国人女性が運営しており、アドコミュニケーションサンテンゼロ=株式会社ADC3.0という会社が母体となっています。韓国商品の転売で稼ぐためのスクールと書いていますが、事実上の個人輸入的なものであり、そのノウハウを教える、ということになっています。
今まで私が紹介してきたFXや株式投資、仮想通貨のスクールであったり、スピリチュアルやら情報商材のアフィリエイトやらそれらのFCのような、本当に詐欺まがいの合法スレスレなものとは違い、一応どんどんコリアの物販スクールは合法でなおかつ白に近い方向にあります。であれば、なぜここで紹介するんですか?と疑問に思う諸氏もおられると思いますが、真っ白ではない、というのがポイントであり、こういったものも含めて情報は吟味して欲しい、という意味も込めています。

どんどんコリア,料金

また、東真梨子のスクールの料金ですが59万という高額なものなのですが、36万に値下がりすることもあったりと、少々不安定というか、セミナーに参加すると59万だったものが36万まで値下がりするという、本当にその値段だったのかもそもそも怪しいディスカウントが行われます。
正直言って、たしかに23万の違いはあまりにも大きいので、即決したくなってしまいますが、だからこそ冷静に考えて頂きたく思います。
また、インスタグラムでは実際の販売商品の紹介をしていますが、確かに女性が好みそうなアイテムがならんでいるのは事実です。そして、それら自体も商品として特に問題があるわけではないでしょう。それを見て可愛いと思った方は、参加してみるのも悪くはない、と言いたいところですが、韓国が絡む商品というのは大変に波があり、ブームが来てすぐに冷める、ということがあります。また、ステルスマーケティングなどを国を上げて行っている疑惑もあり、それが故にブームが何度もマスコミで報じられている。そしてそれに便乗するビジネスが多くある、という疑惑があります。

どんどんコリア,怪しい

また、ヤフー知恵袋などでどんどんコリアのスクールについて質問すると、肯定する回答が即座に付く……というのも、なんだかおかしいし、怪しいとおもってしまいます。あくまでも私の主観であって、それが違法だとかステルスマーケティングの一環であるという証拠はありません。
雑貨やコスメなどを売る事自体はかなり大変なことで、あなたが韓国に限らず目利きをできるスキルがあるなら、そもそも59万でも36万でもよいのですが、そんな高いお金を払うまでもありません。
しかし、そうではないのであれば……最低でも36万円の料金を費やした上に、在庫管理や仕入れ費用なども必要なビジネスであること、どうかお忘れなきよう、自己責任でお願いします。

株式会社ADC3.0,東真梨子の口コミ

本サイトは、韓国物販スクールのどんどんコリアの評判を募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


販売業者:株式会社ADC3.0
運営統括責任者名:東真梨子
所在地:大阪府大阪市北区中津1丁目2-21 中津明大ビル803
電話番号:06-6131-5125,0661315125
連絡先メールアドレス:[email protected] 
URL:https://dondon-korea.com

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました