7.1 C
New York
水曜日, 2月 28, 2024
spot_img

野村礼雄(アフィラ)のtwitter運用は怪しいのではという口コミや評判

野村礼雄=アフィラ(株式会社WEBROCKET)のgrowthroomは主にSNSで集客し情報配信を行っています。

フォロワー数は17万人以上ということでかなりの影響力があるインフルエンサーだということがわかります。

ただ複数のアカウントを育てていることから、投稿の設定を間違えて突っ込まれるなどやや荒い運営が見られることでも、いろんな評価がある人だと思います。

フォロワー数を集めるということはそれだけでかなり力があるということですし、書籍も出版してるのである程度の信用はできる人だと思います。

ただそれは自分を大きく見せる方法を知っているだけに過ぎないという厳しい見方も世の中的にはあるかもしれません。

いわゆるブランディングはかなりうまいのですが、実際に人を儲けさせたり人生を良くすることがどれくらいできるかということは、未知数ということです。

少し言い方を意地悪にしてしまえば、悪知恵を持っている若い人がビジネスのやり方をなんとなく見せているというような穿った見方もできてしまいます。

自己啓発のことがかなり多いアカウントなのですが、内容的にはかなりぼんやりしていて実際何をしていいか受け取る側としてはよくわからないものも多いです。

努力は必ず報われるということをよく書いていますが、それは別にこの人に言われなくても世の中として当たり前のことだと思う人も多いのではないでしょうか。

野村礼雄=アフィラのSNSを色々見てみると、この人の本を読んだ読者の口コミとして、愛知教育大を出て先生になりそれを退職したという情報がありました。

その後はペーパーカンパニーの社長をやっているという情報もありますが、これが実際どういうことなのかは分かりません。

『アフィラさんって野村礼雄さんのことですか?
読みましたよ「正解努力100」!
愛知教育大を出て先生になったけど辞めて今はWEBROCKETってペーパーカンパニーの社長やってるかたですよね?』

また野村礼雄=アフィラのフォロワーを具体的に見ていくと、明らかに業者匂のするフォロワーがかなり多く、実際のファンが17万人以上いるかというところはかなり疑問符がつきます。

これは多くのインフルエンサーによくある傾向で、業者が自動でフォローしているという状況があります。

アフィラ(野村礼雄)が業者を雇ったというわけではなく、別の業者が勝手にこの人はフォローしているのでこの人の運営するアカウント自体に特に問題はありません。

ただ見かけ以上に大きくフォロワー数が伸びているということはありそうです。

自己啓発に関するアカウントを探している人は、この野村礼雄=アフィラをフォローしてもいいと思います。

やる気が出ない時とか自分の行き先がわからないという時は、この野村礼雄=アフィラの言葉がヒントになるかもしれませんので、そういった部分では高い評価をしてもいいアカウントだと思いました。

アフィラ,怪しい

野村礼雄(アフィラ)は、もんぐち社長、たつみんという人々、彼らは情報商材や有料サロン界隈で色々と良くない意味で有名人であり、彼らともツイッター上で頻繁に交流している事実を指摘せねばなりません。本当にまともな起業家であれば、付き合う事自体が憚られ、近づくことすらしない人物達となぜ交流するのか。彼らが抱える信者とも言えるような人々をお互いに持ち寄り、そして自分にもそれを作ることで、自らをセルフプロデュースし、ネット上の声の大きな人々を人為的に作り上げ、プロモートする……まさに商材屋がよく行う手口です。

『総フォロワー100,000人の集い🔥アフィラさん(@afilasite )、たつみんさん(@shennronn_Drums )、もんぐち社長(
@monguchitakuya )で対談!めっちゃ楽しかった!!こうして出会っていき協力し合うのは最高ですね!!どんどん盛り上げていくよ!』
(もんぐち社長のツイッターより引用)

野村礼雄(株式会社WEBROCKET)の評判

本サイトは、アフィラのtwitter運用のコンサル「growthroom」の口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


株式会社WEBROCKETのURL
https://webrocket.co.jp/

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました