4.7 C
New York
火曜日, 2月 27, 2024
spot_img

東嶋尚弥,株式会社BUZZSHIP(080-7936-7213,08079367213)の口コミ

東嶋尚弥(株式会社BUZZSHIP)についての口コミを頂いたのでご紹介します。東嶋尚弥(別名:マーケ博士)の口コミをご紹介しますので、株式会社BUZZSHIPの評判が気になっていた方はぜひ参考にしてください。口コミはここから。

東嶋尚弥という方がやっている株式会社バズシップは安全で怪しくないでしょうか?YouTubeで顔出しをされているので安心かなと思いました。主にインスタを活用したSNSマーケティングの会社のようです。クラウドワークスを使って、仕事があるように見せかけて、求職者に対して営業をかけるようなことをさせられるみたいです。そして成約につながったらバックがもらえるという。これって規約違反なのでは?と怪しんでいます。勧誘することでお金がもらえるというシステムはマルチっぽくありませんか?クラウドワークスで営業をかけるのは違反ではないかとも思っています。
(ここまで)

アドバイスをメールで送りました。

株式会社BUZZSHIP,怪しい

東嶋尚弥の交友関係を辿っていくと、例の界隈にぶち当たるのです。代表的な人物としては、金山拓夢、湯川新太郎、などがあげられるでしょう。この界隈がいかに怪しいかを理解するために、代表的な口コミを2つご紹介したいと思います。 

あの人独学で〇〇を身につけることができたと言ってますけど私偶然に同じ〇〇スクールに通っていたこともありまして。。。よくクラスが被ってました。〇ヶ月で〇〇習得と謳っていますが数年そのスクールにいましたよ(笑)本名と声で気づきました!

口コミ1

〇〇の3000円セミナーに参加していましたが、セミナーと言っても丸々スクールの勧誘でした。

口コミ2

人数制限があるといいながら日々新しい方が参加されているようです。本気で〇〇を勉強しようとしている初心者をだますようなやり方は、納得ができません。

口コミ3

東嶋尚弥,怪しい

株式会社BUZZSHIPがしきりに推薦している「コンテンツビジネス」。これはどういうものかご存じでしょうか?ご存じ無い方のために一言でまとめるなら、

「自分が好きなジャンルに関すること(料理なら料理、筋トレなら筋トレ)をネットや本を読みながら勉強し、それを情報商材にして売れ。」

なのです。これがいかに荒唐無稽な儲け話なのかは、ネットビジネスに疎い方でも想像に難くないのではないでしょうか。とにかく、東嶋尚弥が言うようにコンテンツビジネスで月収100万が稼げたりはありません。甘い考えは持たないようにしてください。

株式会社BUZZSHIPの料金

株式会社BUZZSHIP(バズシップ)のSNSマーケティングのコンサル申し込むための料金は約100万円です。断言しますが、これだけの料金を払う意義はありません。高額の費用をかけてコンサルに申し込む価値があるか否か、よく考えてから料金を支払うべきだと思います。少なくとも、株式会社バズシップのマーケティング講座を受講すれば誰もが稼げる、とは考えない方が良いでしょう。

東嶋尚弥から返金

株式会社BUZZSHIPの講座やコンサルから返金やクーリングオフをさせたい方はご相談ください。しっかりとヒアリングをした上で、返金や解約方法を含めてアドバイスいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
「実態に反する勧誘文言」だったり、「誤解を招く文言での勧誘」は、違法です。これを理由に返金を命令された事件はたくさんあるのです。まずは一度ご相談ください。

株式会社BUZZSHIPの評判

本サイトは、東嶋尚弥の口コミを募集しています。お気軽に情報をお寄せください。


販売会社:株式会社BUZZSHIP
責任者名:東嶋尚弥
所在地:東京都港区南麻布2丁目8−21 南麻布MICビル503
電話番号:080-7936-7213,08079367213
メールアドレス:[email protected]
URL:https://qmpss-markehakase.com

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました