6.5 C
New York
木曜日, 4月 25, 2024
spot_img

株式会社ライフシフトラボ(都築辰弥)の体験談や口コミと評判に注意!

株式会社ライフシフトラボ(都築辰弥)は「あなたの経験とスキルを活かし、脱・会社依存」を掲げた「45歳からの実践型キャリア副業スクール」で「生涯年収プラス3000万円を今から叶える」としています。
確かに「老後2000万円問題」などを考えれば生涯年収プラス3000万円というのは非常に魅力的でしょう。
少子高齢化による人材不足や定年退職後の再雇用制度などをふまえて、このような社会人の学び直し(リカレント教育)については、厚生労働省も経済産業省や文部科学省などと連携してキャリア相談や学習費用の支援などに取り組んでいますし、ライフシフトラボのカリキュラムなどを見ても、極端に怪しいといったところは見受けられません。
ただし、誰もが「生涯年収プラス3000万円」を達成できるとは考えない方が良いでしょう。
これは学生時代の進学塾や予備校にただ漠然と通っているだけでは学力が身につかないのと同様に、キャリア副業スクールに通っているだけではダメだということです。
もっと言えば「どのようなキャリア副業をしたいか」を明確にしないとならないでしょう。
今までの職歴に基づいた技能や資格を取得し、再雇用などでアドバンテージを得るための糧にするのか、あるいは若いころに憧れていたものの諦めていた技能や資格の取得を目指すのかといったように目的意識を持つことが重要となってくるでしょう。
また、世の中には「パラレルキャリア」や「デュアルキャリア」といった概念もあります。
パラレルキャリアは有名な「ドラッカーのマネジメント」で知られるピーター・ファーディナント・ドラッカーが提唱した概念で、本業の他に活躍の場を持ち、複数のコミュニティで活躍する働き方・生き方のことです。
デュアルキャリアも同様の概念ですが、こちらはスポーツ選手や音楽家・芸術家などのアスリートやクリエイターなどのキャリアについて語られる概念です。
これらはボランティア活動や趣味などの収益には直接結びつかないものでもよいとされています。
要するに「仕事一辺倒の仕事人間」「競技以外のことはなにも出来ない」ではなく、他に活躍の場を得ようということです。
人によっては副業でわずかな副収入を得るよりも、パラレルキャリアやデュアルキャリアの一環としてボランティア活動で社会に貢献したり趣味を楽しむことで一昔前に良く言われていた「本当の豊かさ」を得られるケースもあると思います。
また、副業にしろパラレルキャリアにしろ「本業をしっかりと行う」のは大前提です。
最近よくSNS上で見かけるのですが、本業もしっかりできていないのに副業に手を出したりパラレルキャリアをやり始めた結果本業ともどもダメになってしまうといったケースも少なからずあります。
その人のキャパシティを超えていたとか、本業からの逃避として選んだが「逃げ出した先に楽園なんてない」となったとかいろいろな要因が考えられますが、そのような失敗例も多々あることは事実です。
あなたもリカレント教育をしたりキャリアスクールに通ったりする前に、自分のキャパシティを考えたり単なる現実逃避ではないか再検討したりしてみましょう。
もしかしたらパラレルキャリアで良いかもしれませんし、ひょっとしたらそれ以前に本業をしっかりやる方が良いかもしれません。

株式会社ライフシフトラボの評判

株式会社ライフシフトラボ(都築辰弥)を推薦するブログが不自然に多いことにお気づきの方もいらっしゃると思います。そういうブログは、アフィリエイト報酬目的の可能性が高いでしょう。広告代理店が絡んでいるのかもしれません。都築辰弥を推薦する口コミや評判を見てもやみくもに信じてはいけないのはこれが理由です。
都築辰弥がアフィリエイターや広告代理店を利用していると主張しているわけではありませんが、ネット上の評判や口コミは話半分に聞いておくのがよいということは言えそうですね。 

都築辰弥の評判

本サイトは、株式会社ライフシフトラボの体験談や口コミを募集しています。お気軽にお問い合わせください。


運営会社:株式会社ライフシフトラボ
所在地:東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー 23F
URL:https://lifeshiftlab.jp
代表者:都築辰弥

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました