10.5 C
New York
水曜日, 2月 28, 2024
spot_img

株式会社ブルーロータス,中元大輔の中国輸入OEM,Amazon販売セミナーの評判

株式会社ブルーロータス,中元大輔は怪しいので注意する必要がありそうです。なぜ怪しいのかを知りたい方は以下の口コミをご覧ください。こちら、中元大輔が主宰する「中国輸入OEM,Amazon販売セミナー」に参加した方からの口コミです。核心を突く口コミだと思うのですがいかがでしょうか。(ここから)

これ以上料金を払う人が生まれてほしくないという意図で情報提供しますので、特典などは不要です。

■販売者名など
氏名:中元大輔
法人名:株式会社ブルーロータス
法人HP:http://bluelotus.jp.net/gaiyou/
ブログURL:https://nenkue.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/daisuke.nakamoto.397
セミナーLP:https://pro.form-mailer.jp/lp/e14d478e182833

■塾の金額と私が払った額(2018年〜2019年)
入塾料金:55万円(5ヶ月サポート)
フォローアップサポート:27万円(5ヶ月)
(税込みだったかどうかなど、記憶がおぼろげな部分はありますが、およそこのような金額だったと記憶してます)
その他、月額5,000円のオンラインサロンのようなもの。

■提供しているもの
塾:毎月の対面セミナー、個別サポート(Zoom)
サロン:毎月1回のオンラインセミナー

■どういうところが不満だったか
具体的ノウハウがほぼ無い。
対面セミナーで提供しているものは、ノウハウと言えるものはありません。
抽象的なイメージや精神論ばかりで、具体的なAmazonでのOEM販売や、商品開発に関する知識は得られませんでした。
 
唯一、具体的な指示は、
「5ヶ月のサポート中に50商品を出品すること」
「その中から、売れた商品、売れなかった商品を振り分けること」
「出品 → 精査 このサイクルを回すこと」

このような大量の資金が無いから物販塾に入ったのに、本末転倒だと思い、驚愕したのを覚えています

当時でも、マーケティングツールはありましたので、出品する前に売れる商品売れない商品の目星は付いたのですが、そのような、ツールを使ったリサーチ法の指導は無く、ランキングを自分の目で調べる、アナログな方法を指導していました。

挙げ句、リサーチツールの使い方などについて、生徒に聞くような始末です。

対面セミナーに関しては、現状で起こっている最新情報や注意喚起などが多く、直接的に稼げる情報はありませんでした。
例)春節前の発注に関する情報など

また、セミナーの議題を皆さんから募集するのですが、それに関する講師としての明確な答えを持っておらず、そのときに集まった生徒に意見を一人ひとり聞いて、最後に講師がまとめる形をとっています。

これなら、わざわざ高額な金額を払う必要はなく、Twitterやオープンチャットで質問を投げて返ってきた答えを自分でまとめればいいわけですので、その点も不満でした。

月1回の個別サポート(Zoom)についても納得できない点があり、質問をすると、次回の対面セミナーの場でのトピックに回されたり、自分で調べるように言い、それを発表するように言われたりします。

また、中身のない話をZoomで毎回2時間くらい聞かされるのも苦痛でした。

一番罪深いのは、本人が怪しいセミナーをしている気がないことです(私がそう思ってるだけかもしれませんが)

株式会社ブルーロータス,中元大輔本人としては、月イチの対面セミナーを行い、その後の飲み会(3次会くらいまで)を行い、個別サポート(Zoom)で2時間くらいを行い、労力と時間を使っているので、働いた気になっているのだと思います。

また、「ここまでしてもらったら言いにくい」という雰囲気に飲まれてしまったいハッキリと言わなかったことは、自分の落ち度だとも思っています。

このような状態でしたので、結局、商品開発の方法やAmazonにおけるマーケティングの方法などを自力で調べて出品などを行っていました。

その結果、1商品で月商100万円、利益で10〜20万円程度稼ぐ商品を開発するレベルにはなりました。

その経験から言うと、株式会社ブルーロータス,中元大輔本人は現役で商品を出品していないと思われます。

最後に出品したのは、2015年頃と思われ、そのころのノウハウは「とにかく出品しろ」なので本人のノウハウはそこで止まっていると予想しています。

■その他
・LPの嘘情報
【NBCトラストメンバーズコミニュテイ,スーパープレミアム会員入会4か月の武塙さんインタビュー】

彼のことは上記のオンラインサロンで顔見知りなのですが、決して株式会社ブルーロータス,中元大輔の中国輸入ノウハウで稼げたわけではありません。
本人も「具体的ノウハウをまとめておいてほしい」旨をオンラインサロンのセミナーで残念そうに語っていました。
それを聞いたとき「まだ同じことを語ってるんだ・・・」と驚愕したのを覚えています。
 
稼げるようになったのも、自力でやり方をリサーチしたからです。
これも、中元大輔がセミナー中、彼の実績が出た時に、どのようにして実績を出したのかを中元大輔が聞き出した結果を語っていた時に判明しました。

フロントエンドセミナーでも同様に、生徒本人のみの努力の部分を、さも自分の指導実績のように語っているので注意が必要です。

・Amazonの営業をダシに使っている。
今現在のLPを見ると記載されていないので、もう使っていないのかもしれませんが、過去、Amazonのセラーさんの販売促進系の営業の一貫で中元大輔の教える生徒さんに、Amazonの担当付きアカウントの紹介とチャットワークサポートの紹介がありました。

要するに、Amazonとしては、セラーさんの成長がAmazonとしての成長なので、このような物販塾に対して営業を行い、「たくさん商品を出品しましょう」「出品ページはこうしましょうね」という営業を行っていました。

物販をやる生徒としては、Amazon本体の担当が付いて、直接チャットワークでサポートしてもらえる、というメリットがあります。

ただ、実際、販売を長くやれば分かるのですが、直接サポートの話は結構あるものなのです。

なので、これはなんの付加価値にもなりません。

また、この話が来た当時、担当のAmazon社員さんがグループチャットに入っていたときなのですが、社員さんと直接繋がって、個別の商品について相談しようとしたところ
「それは許可できません」
「この話は私がNBCトラストメンバーズコミニュテイを続けてきたから実現できたことなのです」
「私と社員さんの3者チャット、スーパープレミアムの生徒だけの特典です」
と一方的に言われ、Amazon社員との関係を切られました。

生徒の成長が第一なら、このつながりは歓迎されるべきだし、一方的に関係を切ってしまったことにも、強い不信感しかありません。

これ以降、Amazon社員さんはグループチャットから外されましたが、LPにはこのAmazon社員さんとの繋がりを記載し、物販塾の権威付けに利用していました。(Amazonからすればただの営業)

このように、強い不信感と不満感を持っています。

中元大輔本人は、怪しいセミナーをしている気が無いのか、ノウハウが無いことを自覚の上、糞サポートを行っているのかは分かりませんが、個人的には悪質だと思ってますし、料金と中身が極端に乖離しています。

知識が無かった当時の自分が悪い、という落ち度はありますが、寝覚めが悪いので、ここで吐き出させていただきました。

以上
(ここまで)

中元大輔,返金

料金と中身が極端に乖離しているということであれば、株式会社ブルーロータス,中元大輔に返金を求めることができます。相談受け付けていますので一度お問い合わせください。

中元大輔,怪しい

中元大輔は住所を正しく記載していません。ホームページには「東京都台東区北上野1-5-3」とあるだけで、フロアや部屋番号が記載されていないのです。住所を隠したい理由でもあるのでしょうか?
こちらの住所を検索したところ、古ぼけたビルが表示されるだけでした。(本記事冒頭画像を参照)。本当に稼いでいるのならこんな所に拠点を構えるはずはないと思うのですが、株式会社ブルーロータスは事業として本当に成功しているのでしょうか?

中元大輔の口コミ

本サイトは、中元大輔の中国輸入OEMの評判を募集しています。お気軽にお問い合わせください。


会社名:株式会社ブルーロータス
代表者:中元大輔
住所:東京都台東区北上野1-5-3
電話番号:080-3089-8666,08030898666
Eメール:[email protected]
URL:http://bluelotus.jp.net

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました