10.4 C
New York
水曜日, 4月 24, 2024
spot_img

合同会社PPS(大分),吉岩勇紀は怪しいという評判

合同会社PPS(大分県),吉岩勇紀の投資や仮想通貨のマイニングについてレビューいたします。大分県にある合同会社PPS (プライベートポートフォリオサービス)吉岩勇紀の評判や口コミを探していた方、ぜひ参考にしてください。

年金の受給年齢の高齢化、そして2000万円問題、仮にある程度順調な人生を歩んでいて、現状の生活に差し支えはないという立場の方々というのは少なくは無いと思われますが、現状、はともかくその60代以降、という未来には不安がたくさんだ、という人々はそれ以上に多いのではないでしょうか。もちろんそれは私も同じです。最近では岸田政権、いえ、それ以前からNISA、つみたてNISA、イデコ、様々な資産運用がありますが、やはり投資はよくわからない、できれば専門家や専門の会社の担当に任せたい、そう思うのは無理のないことだと思います。

そして、そういうニーズがあるということは素人の私でも分かる、だからこそ、そこに悪徳な企業や胡散臭い人々、怪しい人々が寄ってくる、利用価値があるというものです。合同会社PPS (プライベートポートフォリオサービス)、こちらの本社は大分ですが、様々な海外のプライベートバンキングの口座開設をサポートしています。海外の銀行をどう評価するのか、という部分は別として、それ自体は特に問題があるようには感じません。日本にいては海外の銀行に口座を開くというのも分かりづらく、そういうビジネスがあるのも無理はない。

合同会社PPS,怪しい

しかし、です。この大分の合同会社PPSは10万ドル以上を口座開設時に預金すると、VISAやJCBカード付きのキャッシュカードを作り、それで日本国内、及び海外での利用(つまりクレジットカード、或いはデビットカード)として利用できる、つまり自由に金の出し入れができる、ということを謳っています。また、口座維持手数料として数千円から数万円程度を取られる、この時点で生半可な資産持ちでは、何のために高いお金を出して海外の銀行に口座を?となると思いますが、10万ドル以上などのかなり多額の資産を最初に差し入れることで、年利5~10%という、大変に高金利が約束されるというのです。銀行預金ですから、元本は保証され、それでいて資産が増える。数千円から数万円程度ならその金利でペイしても十分過ぎる以上のバックがある。

吉岩勇紀,怪しい

……とまあ、ここまでは甘い話を書きました。当たり前ですが、これらのお金には為替差益(差損)が発生します。つまり、円安が延々と続くのであれば、これはもう金利以上の利益が生じます。一方で、為替が動けば、円高になれば、その分損失が発生する。つまり、預けた通貨としての元本は保証されますが、円とのレートでの保証ではありません。しかも、こちらの会社はジャパンマイニングシステム(https://j-mining.com/)という怪しげな仮想通貨のマイニング会社を経営しており、年平均33.5%もの利回りを得られると豪語しているのです。様々な仮想通貨が生まれている今、ビットコインの相場も低迷している中で、33.5%もの利を叩き出すのは、もはや不可能です。相当にリスクを取ったマイナーなコインであればそれも可能でしょうが、そんな危ない会社が斡旋する、しかも海外の銀行の口座。もちろん日本の法律の保護の埒外でもあります。あくまでも資産運用は自己責任。この原点を、思想を忘れないよう、皆様もどうかお気をつけください。

プライベートポートフォリオサービス,評判

吉岩勇紀の合同会社プライベートポートフォリオサービスの評判を調べていると、

『大物のスキャマーや』

という内容の口コミにぶちあたりました。

スキャマーとは日本語で詐欺師を意味するのですが、もちろん当サイトは吉岩勇紀を詐欺だと主張するものではありません。ただ、こういう口コミが投稿されているということは肝に銘じておいてほしいのです。

本サイトは、大分県の合同会社PPS,吉岩勇紀の評判や口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。


会社名:合同会社PPS (プライベートポートフォリオサービス)
代表者名:吉岩勇紀
住所:大分県大分市錦町2丁目12番8号
TEL:097-529-9110
URL:https://pps-life.com

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました