6.7 C
New York
火曜日, 4月 23, 2024
spot_img

THE ONE株式会社,小林正弥(03-6403-3046)の評判と口コミ

THE ONE株式会社,小林正弥(03-6403-3046)の評判と口コミを探していた方、ぜひ本記事を参考にしてください。THE ONE株式会社,小林正弥のセミナーが安全なのかどうか?怪しいものではないのか?私見を交えながら解説していきたいと思います。

小林正弥,プロフィール

世はウクライナ情勢、そしてコロナ、混沌とした時代には、そんな時代を逆手にとった、怪しいセミナーを主催する輩が雨後の筍のように生まれてきます。今回は、小林正弥という人物を紹介致します。こちらの人物、THE ONEという名前のコンサルティング、コーチング、セミナー、のようなものを行っています。
小林正弥の講座を受けた者の実績としては、売上1億円を達成したのは23人、売上3000万円が64人とありますね。にわかには信じがたい内容ですが、とにかくTHE ONE株式会社,小林正弥はそのような実績を誇っています。
では何をして稼いでいるのかというと、基本的にはオンラインで集客をしたり販促をしたり、営業トークを磨いたり、そして何か秘密のテクニック的なもので売上がUPしたりものが売れるようになったりするそうです。夢のような話ですね。製造業やサービス業だけではなく、ものを売るという行為に関わる全ての人々が、そんな魔法があれば今すぐにでも、どんな大金をはたいてでも、欲しがるのではないでしょうか?

小林正弥,コンサル

もちろん、そんなものが存在するはずもありません。たとえそれが世界的なコンサルタントであるマッキンゼー、プライスウォーターハウスクーパース、ボストン、ワトソンワイアットだとしても、そんな魔法はありません。こうしたコンサルティングファームは、アメリカを筆頭とした世界的な大学で経営博士号を取得し、それでもなお、魔法は編み出せないし生み出せない。ただ、顧客の情報を深く深く研究し、最適な答えを探すことはしてくれるが、そのために人々は莫大な報酬を支払っています。

小林正弥,セミナー

そして、少なくとも彼らのような世界的なコンサルティングファームは、無料でセミナーなど行いません。なぜならば、放っておいても客が来るからです。とは言え、日本にもそれなりに大手のコンサルティングファームは存在しますし、彼らは営業もします。ただ、そんな大手の彼らでも、滅多なことで無料セミナーなどは開きません。どうしてか? そんなことをする理由も、必要性も、そしてやる意味も無いからです。
コンサルティングが無料セミナーをする時、そこにあるのはたいてい「自己啓発セミナーか、まがい」です。このTHE ONE株式会社の代表である小林正弥は書籍を著していますが、そこでの感想で言われているのは、無料セミナーへの勧誘であったり、自己啓発的な内容だったりと、おおよそこの手の詐欺まがいがよく行うことです。モチベーションを上げるような言葉を延々と続けたり、それっぽいことを言ったり、そうやって気分だけを上げて、中身がまるで伴わない。ただ、それで気分だけが上がった人物に対してのみ、コンサルティングの依頼やら、何らかのノウハウを売りつける。これが今の情報商材界隈の主なやり口です。
このような「まがい」に引っかかる人々というのは、何らかの打開策や突破口を求めている、悩める自営業や中小企業の人々がほとんどだと思います。そして、売上が無いからこそお金も無い。だからできるだけコストを掛けずに結果を得たい。無料ならセミナーに出てもいいかな、本1冊くらいなら試してみようかな。その緩み、その第一歩が彼らの目的です。どうか惑わされないよう、皆様もお気をつけください。

THE ONE株式会社,小林正弥の評判

本サイトは、THE ONE株式会社,小林正弥の口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

販売事業者 THE ONE株式会社
代表取締役 小林正弥
所在地 東京都渋谷区渋谷 3-6-2 エクラート渋谷ビル 4 階
電話番号 03-6403-3046,0364033046
メールアドレス [email protected]
URL https://theone.co.jp/

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました