7.1 C
New York
水曜日, 2月 28, 2024
spot_img

codelife,コードライフ,はらの料金(値段)と評判

codelife(コードライフ)のはらという方をご存じでしょうか?codelifeの『はら』は、国内最大規模の実践型Web営業支援コミュニティサイト「codelife(コードライフ)」を運営している人物です。一見怪しくとも何ともない事業のように見えるのですが、怪しい部分がいくつか見え隠れしていますので、警鐘を鳴らしたいと思います。codelife,はらの口コミや評判や、値段と料金を探していた方にとってお役に立てればと思います。

はら,経歴

はらのプロフィールとしては、労働2時間で法人設立、最高月2500万円稼いでいるとありますね。その経験をもとに「codolife」を運営、これは実践型フリーランス支援のサービスだとのこと。
続いて「codelife」について紹介いたします。codelifeでは、はらからWeb制作のやり方、ワードプレスのセキュリティなどを学ぶことができ、12時間以上の動画と、月収1000万円かせぐための方法を学ぶことができます。「困ったことがあったらすぐに聞くことができる/実際に行動している人から刺激を貰える/お仕事を紹介してもらえる/家から一歩もでなくても交流ができる」といったメリットがあるとのこと。
はらのツイッターはこちら。https://twitter.com/haraponta1496

はら,YouTube

次にコードライフのはらが運営しているYouTubeをチェックしてみました。 「コミュニティを活用してSNSと収益を爆発させる方法」から始まり、Webで月収何百万円稼ぐ方法なる動画を、はらはアップし続けていました。こういうことをアップし続けること自体、すごい能力だと思いますが、中身をチェックしたらあまりにも話が上手過ぎるような気がして・・・。月1000万円稼いでいるならその仕事に注力すればいいわけで、コードライフのはらはなぜ手間暇かけてYouTube動画を公開するのか、疑問を感じました。

はらのYouTubeはこちら。https://www.youtube.com/channel/UCTDZf5sYXTxJcjsYAmEKQyg/videos?view=0&sort=p&shelf_id=0

コードライフ,怪しい

なぜcodelife,コードライフが怪しいと思うのか?その最大の理由は、コードライフのはらの経歴がいたって不明だからです。月収1000万円稼いでいるという割には、なにで1000万円稼いだのか、痕跡が全く見当たらないのです。コードライフのはらは『1000万稼いだ稼いだ』と連呼するだけで、本当にそれだけなのです。これをうのみにした人は頭が少し足りないのでしっかり反省してください。

codelifeの料金

はらのcodelife(コードライフ)の料金や値段は今のところ不明です。料金や値段についてお知りの方がいたらぜひ教えてください。

codelifeの評判

本記事冒頭画像にあるように、サクラと思しき評判が投稿されています。一部を抜粋しましょう。

・はらさんの #codelife 4期生として参加させていただきます。今年度は人生で1番行動した年になりそうです。
・「はら部ハウス」を聞けました。営業について学ぶことが多いし、効果が期待できそうですね。
・はら部ハウスと、#CodeLifeで、情報収集量が爆速に増えました。

皆さんはこれらの評判を呼んでどう思うでしょうか?こういう評判を投稿したのは関係者か身内だと思うのが一般の感覚でしょう。もちろん断定することはしませんが、ステマの可能性があるので気を付けましょう。

codelife,コードライフの口コミ

「1年間に1000万円を産み出すマーケティング脳」とか「大学生がプログラミングで月10万円稼ぐ方法」とか、とにかくユーザーを煽っているようにしか思えないのです。こういうところでプログラミングやweb制作を習っても起業や独立することは難しいので、料金を払ってしまわないように気を付けてください。

はらの本名や運営会社について知りたい方は 原祐太 で検索をしてみてください。

本サイトは、codelife,コードライフの口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました