-6.6 C
New York
土曜日, 2月 4, 2023
spot_img

株式会社ママのミカタ学校,三浦麻由美(050-3698-2041)に怪しい評判

株式会社ママのミカタ学校(代表者:三浦麻由美)を皆様はご存じでしょうか?「忙しいママを応援する在宅ワーク総合スクール」というキャッチコピーを掲げながら在宅ワークで稼ぐ方法をママさんに教えている会社なのですが、驚くべき事実を発見したので注意喚起の意味を込めてレビューしたいと思います。株式会社ママのミカタ学校の口コミや評判を探していた方はぜひ参考にしてください。この記事を見る前に三浦麻由美と契約をしてしまった方は私にご相談ください。

三浦麻由美,胡散臭い

まず初めに言いますが、株式会社ママのミカタ学校は、ママの味方などでは決してありません。むしろママの敵。なぜなら、代表者があの胡散臭い商法で有名な三浦麻由美(旧姓中西麻由美)だから。(これが私が驚いた事実です。)どれだけ胡散臭いかを知るには、この評判を紹介するだけで十分でしょう。

本来6?万(忘れました)ですが、この場で即決しましたら36万にします。と言われて即決しました。実際に成果をあげたり、収入を得ている人が多く見受けられますが、返金可能なのでしょうか。私は中西麻由美さんの在宅セミナー講師の副業で1円も稼げていません。

中西の評判

※「実際に成果をあげたり、収入を得ている人が多く見受けられますが」の部分について一応説明しておくと、これはねずみ講のようなことをして稼いだお金なので、本当の意味での収入ではありません。

ママのミカタ学校,メルカリ

「オンラインで夫越えの収入を目指せる、忙しいママでも、完全在宅でスキルを身に着けながら収入を得られるオンラインスクール」それがママのミカタ学校です。教えることは非常にシンプルで、メルカリを使った転売とWebデザイン、そして在宅でできるセミナー講師です。メルカリの仕事というのはアプリをダウンロードして自分のプロフィールを書いたり、値下げ交渉などの効果的な返信の仕方などをアドバイスしてもらえるサービスです。メルカリを使って転売をしている人のサポートをするような仕事や、自分でメルカリで起業するというところももしかしたら教えてもらうのかもしれませんね。
他にも、「メルカリ便はどんなものなのか」というような質問に答えてくれるようですが、これはそもそも質問のレベルが低いと思います。ママのミカタ学校セールスページに書かれているようなことは、自分でGoogleで検索すればすぐにわかるようなことばかりなのですよね。またセールスページには海外輸入や転売ビジネスについて学ぶことができると書いてあります。メルカリを使った海外輸入品の販売はこれから注目を集めるものです。そういう意味では面白い教材かと思います。またWebデザインについてはパソコンを持ってない人でもWebデザインを身につけることができると書いてあります。少ないコンペティションを開催されているということで、この他にもたくさんあるWebデザインのスクールの内容を真似してるような形だと思われます。

ママのミカタ学校,在宅セミナー講師

そして最後の在宅セミナー講師。自分の得意なことを商品にしたり、このママのミカタ学校を広めるということで、そのアフィリエイト報酬を得るような形を用意されているようです。これって全く意味分からないですよね?(笑)
自分の使っている情報商材を紹介することによって収入を得るということは、次の人も結局同じようにこの学校を広めてアフィリエイト報酬を得ることになるでしょう。そうなると結局はババ抜きのみたいなもので、最後の人が大損をしてしまいます。セミナー講師が作ったトークスクリプト、つまり台本があるようです。それを選んで営業をかけるようですが、繰り返しますが自分が入っているスクールを販売することで利益を得るというのであれば、いつかは誰かが大損をするのです。こんなに気持ち悪い商売はありませんし、ルール上は詐欺ではありませんが、詐欺という指摘は免れないと思います。ママのミカタ学校で在宅ワークをやっても自分の能力が伸びることはほとんどなく、Google検索でわかるような事だけがわかるというようなレベルの学校であることを、指摘したいと思います。

ママのミカタ学校から返金

このママのミカタ学校を広める仕事のことを三浦麻由美は「セミナー講師」や「アフィリエイト」というようなキレイな言葉に言い換えて煙に巻いていますが、これは実質ねずみ講ではないでしょうか?そう思った方はすぐに消費者センターに相談すべきです。こちらで三浦麻由美,三浦紘樹の評判を投稿する掲示板がたっているので利用しましょう。ママのミカタ学校に返金を求めている人はぜひ活用してください。

ママのミカタ学校,料金

ママのミカタ学校で在宅ワークを習うための料金は今も36万円です。口コミが投稿されたのは2年前ですが、その時から全く変わっていないですね(笑)

ママのミカタ学校の在宅ワークの口コミ

三浦麻由美からはメルカリやウェブデザインの在宅ワークを学べるということに一応なってはいるようですが、これはこの会社のねずみ講的性質を隠すための方便。結局のところ、友人や知人を、三浦麻由美のママのミカタ学校に捧げなければお金が稼げない仕組みになっています。
また、本記事冒頭画像で見ることができる「ホテルに連れていかれる」という告発ですが、これが真実かどうかはわかりません。ただ、こういう告発があるということじたいは覚えておいてください。

本サイトは、ママのミカタ学校の在宅ワークの口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

会社名 株式会社ママのミカタ
本店 東京都中央区晴海三丁目13番1
代表者 三浦麻由美
TEL:050-3698-2041,05036982041
MAIL:[email protected]/


※以下、2022年12月追記
読者様より口コミをいただきました。
(ここから)
2020年8月に入学式、2021年4月に卒業した者です。
記事にありました通りの金額を支払い入学しました。
私自身は支払った金額くらいはメルカリで稼いだとは思いますが。
いわゆるセミナー講師として、入学時に謳っているほどの成果をあげる者はいないと思います。

入学後に学生で週報メンバーという少数のグループに分けられて、親交を深めるのですが。
やる気があったメンバーも、結果が伴わず、やる気を失い
Webデザインでは、クラウドワークスの実績を作るために、学生内で依頼を買いあうこともしてたそうです。
ママミカの講師陣は思っていたような寄り添いもなく受講生の中で不満が大きくなっていきました。

何人かは消費者センターに相談もしました。
私もしましたが、大きな動きもなく、、、
弁護士にも相談しましたが、弁護士に依頼したとして
取り返す金額が36万だとしたら、弁護士費用の方がかかる
(成功報酬の額が小さいので、弁護士は動いてくれない)

カード会社に分割支払いを停止してほしいとお願いしても
ママミカ側からの正式な依頼がないと停止はできない返金もできないと言われ
社会勉強になったと思ったら。。。とまで言われました。

今では削除されているようですが、ママミカ内にライターの仕事をする部門があり
その人達が、サクラのブログ記事を書いていました。
(私も1つ記事を書いて、1文字1円で報酬をもらいました)
ママミカで成功した人のように、ブログ記事をを書き上げていきます。
その記事の添削をするのは、winnersクラブの人でした。

そういったサクラブログとは別に、私が自分自身のブログに、
「ママノミカタ学校」の口コミ記事を投稿しました。
今回、その記事について、文面をコピペしながら、誹謗中傷であり名誉毀損にも値する無闇に争うことを望んでいないので、5日以内に削除してください
削除しないのであれば、法的手段にでます。

と言った文章が送られてきました。
そのことを、ママミカの仲間に伝えたら
たった1人の卒業生のブログ記事に何を気にしてるんだよ。。。
「さも偽りであり、稼げないような印象を与える」と通知書には書いてあるのですが。
事実無根なら、気にすることもなく
実際に稼げる場なのであれば、そんな口コミ記事気にする必要もないのに。。。とも思いましたが。

削除するのは簡単ですし、いつでもできるのですが。
これに従わなかったとして、私はそんな誹謗中傷行為をしているのか?
従わなければ訴えられるのか?
法的措置に出られて困るのは、ママミカの方ではないのか?
など、いろいろ思っている次第であります。
(ここまで)
アドバイスをメールで送りました。

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。

Related Articles

1コメント

  1. ママのミカタについて

    こんにちは。
    私の友人で入学した方の話です。
    メルカリを使った転売はサプリ転売と言われる初回限定価格を売る方法です。
    この方法は過去に裁判沙汰になっています。
    在宅メルカリは山田みおと言う方が講師らしいのですがその方のIGのリールに堂々と成果発表のところでサプリ転売と載っています。

    企業側が訴えたらママで裁判沙汰とか笑えないですよね。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

13 year anniversary
サイト運営13周年を迎えました