6.7 C
New York
火曜日, 4月 23, 2024
spot_img

株式会社SF・マインド(瀬尾隆文)に怪しい評判

株式会社SF・マインド(瀬尾隆文)に怪しい評判があるので注意喚起します。株式会社SF・マインド(瀬尾隆文)からスタートアプリの営業をされても即決せず、セカンドオピニオンに相談するようにしましょう。株式会社SF・マインド(瀬尾隆文)の評判や口コミを投稿する掲示板があるので利用しましょう。掲示板はこちらこちら。本記事が、株式会社SF・マインド(瀬尾隆文)のスタートアプリの営業について調べていた方にとってお役に立てれば幸いです。

SFマインド,せおたかふみ

私は、せおたかふみのSFマインドの社名を聞いて、SF商法を扱う会社なのか?と思ったのです。堂々と社名に使うなんて大胆だなあ、と。SF商法というのは、催眠商法とも呼ばれるもので、集会所みたいなところに人を集め、無料の商品サービスなどを与え、買わなきゃ悪いみたいな心理状態に導いて、高額商品を買わせるという悪徳商法ですね。高齢者などを狙って、正常な判断力を奪って、あこぎな商売をするわけです。せおたかふみのSFマインドはさすがに違うようですが、ネット上の評判はあまりよくないようですね。

スタートアプリ,sfマインド

このSFマインドというのはスタートアプリやモバイルマーケティングツールを販売している会社のようです。モバイルマーケティングというのは、現在においては重要な戦略です。若者の誰もがスマホを持つ時代です。高齢者でも持ちます。今は検索もほとんどスマホで行われます。情報を受けるのも発信するのもモバイル。これを利用しない手はないのは確かです。
しかし、安易に手を出すと失敗するのは何の世界でも一緒。大企業なども売り上げアップのために挑戦している分野です。ZOZOTOWNの、アプリで採寸できるゾゾスーツなどは画期的でした。しかし画期的過ぎました。その後はご承知の通り。ZOZOTOWNでさえもそうなのです。日々刻々と変化している分野なのです。失敗する例もあれば、成功する例もある。繰り返しながら進化していく。こういう、まだ進化途中にあるモバイルマーケティングを利用するのはそれなりのリスクがあります。このsfマインドのスタートアプリはどこまでフォローしてくれるのか、それだけのノウハウを持っているのか、かなり疑問なのです。

sfマインド,アプリ

SF・マインドのアプリは、SNSでの情報発信からメルマガ、クーポンなどでお得な情報を利用者に送り、集客する。さらに顧客管理、売上管理も一括に行えるシステムのようですが、上でも書いたように、sfマインドのアプリの契約は即決せず、必ずセカンドオピニオンに相談しましょう。
HPを見ていても、具体性が感じられません。お客様には、その店のアプリを登録してもらわなければいけません。そのアプリを通じて、クーポンや最新情報などを発信するのでしょう。それだけの機能を持ったアプリなら、誰でも作れるわけで、それが使い勝手が悪かったり、不具合があれば、アプリはすぐにアンインストールされてしまうでしょう。このHPのようなスカスカの内容のアプリを提供するのであれば、導入するメリットはないと思います。

株式会社SF・マインド,料金

新しいサービスというのは、始めたら簡単にはやめられないです。個人の飲食店など忙しいでしょう。HPの更新もままならないところが多いですよ。うかつに手を出すのは注意です。導入して、やめようと思っても、違約金が要求されるパターンは多いです。この手のアプリは長期の契約になるケースが多いです。途中でやめたいと思ってもやめられないケースがよくあります。この口コミを参考にしてください。

初期費用の5万(税抜き)もまだ払っていません。
月々のリース契約は38,000円(税抜き)を5年。

口コミ掲示板より

株式会社SF・マインド,料金体系がどのようなものなのかはわかりませんが、サービス内容をよく理解し、契約には気をつけなきゃいけない会社の一つでしょうね。

株式会社SF・マインド(瀬尾隆文)の口コミ

本サイトは、瀬尾隆文の株式会社SF・マインドの口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました