10.3 C
New York
木曜日, 4月 18, 2024
spot_img

株式会社命,松浦悠太(03-6407-0222,0364070222)の口コミ

株式会社命,松浦悠太(電話番号:03-6407-0222,0364070222)の口コミについて質問を頂いたので回答します。今回は、株式会社命,松浦悠太(電話番号:03-6407-0222,0364070222)についてレビューをしたいと思います。本記事が、株式会社命,松浦悠太(電話番号:03-6407-0222,0364070222)が開催する【繁栄コミュニティオーナー養成講座】や【大和民族大學校】を検討している方にとってお役に立てれば幸いです。

株式会社命,評判

株式会社命は、【大和民族大學校】を運営する会社です。この大學校とやらの評判は少々悪く、テレビ番組を違法アップロードしたり、ネットワークビジネスをやっている人間が関わっている可能性があるのです。
株式会社命,松浦悠太の実態はわかりませんが、怪しいことをしている人間が関わっている可能性があることは覚えておいてください。

株式会社命,大和民族大學校

株式会社命,松浦悠太が運営する大和民族大學校についてホームページよい引用します。

・世界平和の実現を目的とする大和の心を持つ起業家を育成するための学校。
・『商品開発力』『セールス力』『起業家精神』を育む。
・ランディングサイトやステップメールのやり方を学ぶことができる。

松浦悠太,怪しい

愛国心をはぐくむための学校なのかなと思いながら眺めていたのですが、よくよく読み進めてみると、株式会社命,松浦悠太の学校は、情報商材屋を育成するための学校である可能性が高いと思いました。「ランディングサイト」や「ステップメール」これらのキーワードは、もろ情報商材屋に関わりがあるキーワードだからです。それじたいは詐欺でもないし悪事でもないのですが、怪しいイメージがつきまとう職業であることは否めません。株式会社命,松浦悠太のセミナーに入会をすると、情報商材屋チックなことをさせられる可能性があると思います。
ただその一方で、学長である白石達也は自分自身で商品を開発しインフォトップ上で8億円以上の商品を売ったという実績がある人物。そういった方の考え方や商品開発の知識、またインスピレーションに触れることはインターネットビジネスで成功したいということにとって、とても意味があることだと思います。

株式会社命,口コミ

モノやサービスを売るために愛国心に訴えてるやり方は効果的です。周りが海に囲まれており、井の中の蛙になりがちな日本人にとってはなおさらです。このことは、「太平洋戦争は正義の戦争だった」みたいな本が一定のセールスを記録することからも明らかでしょう。
こういう愛国的言動にハマる層は一定数存在します。そういう層は信者になりやすいのでこの種の商法(俗にいう愛国ビジネス)が、一定の成功を収めることがあります。株式会社命,松浦悠太が愛国ビジネスをしていると断言するつもりはありませんが、愛国心を刺激する言説に振り回されることなく、常に平常心を保つようにしましょう。

株式会社命,松浦悠太の評判

本サイトは、株式会社命,松浦悠太の評判を募集しています。お気軽にご連絡ください。

会社名 株式会社命
代表者 松浦悠太
所在地 〒153-0041 東京都目黒区駒場1丁目18-13
TEL 03-6407-0222
URL https://mikoto-corp.com/

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

1コメント

  1. お世話になっております。
    (株)命の創業者の白石達也と申します。

    弊社を取り上げて頂きありがとうございます。

    また、13周年おめでとうございます。

    今回の記事に関して、数点誤解されているところ
    もあるかと思いましたので、私が考えていること
    を共有させていただけますと幸いです。

    1)テレビ番組を違法アップロードについて

    結論から申し上げますと、私や私の運営する会社がテレビ
    番組を違法アップロードをしたことは一度もございません。

    こちらは、私が過去、ランドオブハンモックYouTuber
    という教材を販売していた時の話かと思います。

    購入者様、並びにアフィリエイターの方々にランドの
    アフィリエイトに役立つ私が出演しているCMビデオの
    素材を配布しておりました。、そちらを活用した方が
    違法アップロードのビデオに私の動画素材をくつけて
    投稿したことがこの噂の原因になったのだと思います。

    2)ネットワークビジネスをやっている人間が関わっている

    もともと私はIROASというネットワークビジネスを立ち上げ
    ておりましたのでこちらは否定するものではありませんが、
    こちらは現在停止しており、その経緯を説明させて頂けますと
    幸いです。

    私は、早稲田大学を卒業して起業の道に入りますが、起業で
    成功するために必要なことや学びが既存の学問では全く教え
    られていないことに疑問を覚えており、日本の教育を変えたい
    という氣持ちがつねにありましたので教育とネットワーク
    ビジネスを掛け合わせたものを行おうと思いIROASを始めました。

    しかし、実際に始めてみると、ネットワークビジネスとなると
    「お金が稼げますよ」という切り口で勧誘することになるので
    動機が不純になりやすく、教育を変えたいという自分のビジョン
    を達成するのには適切ではないと考えまして、募集は2年前に、
    自発的に停止いたしました。

    こちらを始めた時には教育を変えるという目的はありましたが
    それでも実際にどんな教育が良いのか。ということはわからず
    世界一周旅行に行きました。

    そして日本の文化伝統が一番素晴らしいと気がつき、
    そのためには神道を学ぶ必要がある。というところ
    から皇學館大学の門をたたき、神道について2年ほど学び、
    そして神職資格を授かりました。

    それで大和民族大學校を(株)命で立ち上げたという経緯が
    あります。

    私は日本の教育を変えたいという氣持ちがあり、神道を
    学んで日本の伝統や文化の誇らしさを感じております。

    愛国というものが右翼や危険思想と結び付けられがちな
    ものであることは理解しておりますが、この素晴らしさを
    少しでも多くの日本人の方に伝えたいと思い活動を続けて
    おります。

    >情報商材屋を育成するための学校である可能性が高いと思いました。
    >「ランディングサイト」や「ステップメール」これらのキーワードは、
    >もろ情報商材屋に関わりがあるキーワードだからです。

    こちらに関してですが、

    私はもともと教育を変えたいという氣持ちがあります。

    私たちが豊かになるためには、既存の義務教育ではない
    自己啓発なり、健康知識なり、ビジネス教育なりを学んで
    いかなければならないのが今の日本だと思っています。

    そのためには既存の義務教育ではない教育者をたくさん
    増やし、彼らを独り立ちさせて活躍させる教育が必要だと
    思っています。

    そのためにはランディングサイトなり、ステップメールと
    いったオンラインマーケティングの知識が役立つのです。

    過去は稼げれば良いみたいな発言を私自身していたことも
    ありますが、今ではとにかく価値提供や人のためになるよう
    に、皆が豊かになるようにという教育をしており、うちの
    コミュニティの方々がこうした仕組みを使って提供するサービス
    は、情報コンテンツあげっぱなしというようなものではなく
    毎朝コンサルティングをしたりするなどして一生懸命真摯に
    向き合っている方が多いので、この辺りの表現に関しましても
    見直して頂きたいところではあるなと思っております。

    3)代表者松浦悠太について

    皇學館大学にいるときは、あまり自分も会社にコミット
    することもできなかったので代表は松浦に委任しており
    ましたが、今、代表は私、白石達也ですので、こちらも
    更新していただけると嬉しく思います。

    。。。

    過去のこうした噂があることは私自身が行ってきた
    穢れた行為に原因があることは重々理解しておりますが
    (株)命では至らない部分も多いかとは思いますが世のために
    誠心誠意取り組んでいる所存です。

    こちらの記事によって誤解をされたり、不利益を被ることが
    実際に起きておりますので、そちらをどうこういうつもりは
    今のところないのですが、正しくない情報もございますので
    プロのレビュアーとして記事を非表示あるいは修正して頂け
    ますと幸甚です。

    何卒よろしくお願い申し上げます。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました