6.5 C
New York
月曜日, 4月 22, 2024
spot_img

後藤伸正,株式会社ごとうのぶまさ事務所のコピーライティングは怪しい

後藤伸正(株式会社ごとうのぶまさ事務所)のコピーライティング起業は怪しいので注意喚起します。なぜ後藤伸正(株式会社ごとうのぶまさ事務所)のコピーライティング起業が怪しいのかというと、後藤伸正は様々な怪しい面々の方々と関わり合いがあるような人物だからです。
その面々の筆頭格が、ダイレクト出版。後藤伸正はダイレクト出版よりベストオブマーケッター賞とやらを受賞していますが、ダイレクト出版こそが怪しい会社なのです。

月額2400円のサービスは不要なので解約しようとしたが、電話が全然つながらなかった、ようやくつながったがその後にカード会社からの請求で、なんと14800円もの請求があったというのです。

ダイレクト出版の100円の定期購読が解約できない口コミ

こんな怪しい会社の受賞式にノコノコ登壇している株式会社ごとうのぶまさ事務所の後藤伸正も十分に怪しいです。

コピーライター起業コーチ,後藤伸正

コピーライター起業コーチとやらを自称している後藤伸正。株式会社ごとうのぶまさ事務所の後藤伸正によると、プロモーション型コピーライティングを学んだ彼は、自己破産から年商7000万円に到達したというのです。1案件108万、150万、310万円という高単価の仕事が舞い込み、その方法を指導しています。指導を受けた彼の弟子の実績はすさまじく、脱サラして月商310万円稼いだ弟子や、年商2556万円もいるとのこと。
でも考えてもみてください。これだけ稼げる方法を株式会社ごとうのぶまさ事務所の後藤伸正はなぜ無料で教えているのかということを。私なら絶対に独り占めしますし、それが普通の感覚だと思います。

後藤伸正,怪しい

年商2556万円も稼げる方法を無料で教えている株式会社ごとうのぶまさ事務所の後藤伸正はどれだけの聖人なんだろうと調べてみたら、ネタがわかりました。裏で糸を引いている奴がいたのです。それは、北野哲正。本記事冒頭画像を参照してください。後藤伸正に悪知恵を授けたのは 北野哲正だったのです。どれだけ怪しいことをしているかは、この口コミを紹介するだけで充分でしょう。

おばあさんの病気がなおっただとか、ビジネスで成功したとかいうのですが、当の本人(おばあさんや成功した人)を見た人はいません。
それらのセミナーだけではだめで、定期的に中国にある「魂の家」という「センター」に行かないとモチベーションが下がるらしいです。これがまた高額なのだそうです。
推薦者の北野哲正さんの話ではソフィアさんの年収は300万円から先のキャンペーンで3億円になったということですが、これも眉唾で、300万円もなかったと思います

北野哲正の評判

こんな怪しい人間に推薦をしてもらっている後藤伸正も十分に怪しいと思います。

後藤伸正,料金

後藤伸正のプロモーション型コピーライティング起業講座の料金にも気を付けましょう。 後藤伸正のプロモーション型コピーライティング起業講座の料金は決して無料などではありません。「がんが治った」「年収300万円が3億円になった」のような誇大プロモーションを垂れ流し、最初無料→その後50万円単位の高額料金を請求するのが北野一味の常とう手段です。
推薦を受けている株式会社ごとうのぶまさ事務所の後藤伸正も、この悪知恵を授けられた可能性が高いです。後藤伸正のセミナーは、たとえ料金が無料であっても参加してはいけません。

後藤伸正,口コミ

本サイトは、後藤伸正のプロモーション型コピーライティング講座の口コミや評判を募集しています。お気軽にご連絡ください。

販売者 株式会社ごとうのぶまさ事務所
運営統括責任者 後藤伸正
所在地 〒760−0004 香川県高松市西宝町1−1−5
電話 050-3647-2545
Email [email protected]
URL https://gotonobumasa.com/copywriter5-yt/lp2/

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

2 コメント

  1. 未経験の人はマジで稼げないです。
    後藤伸正の指導は根性論ばかりで、120万近く払って学べる内容では全くありませんでした。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました