15.8 C
New York
月曜日, 3月 4, 2024
spot_img

向井ゆき,株式会社ボーテクリエイトは怪しいという口コミ

向井ゆき,株式会社ボーテクリエイト(ゆるあま社長)が開催しているオンラインサロンのオフ会は怪しいという口コミがあるので注意喚起します。向井ゆき,株式会社ボーテクリエイト(ゆるあま社長)が開催しているオンラインサロンのオフ会は怪しいので十分にご注意ください。今回は、ゆるあま社長の向井ゆきについてレビューしてみたいと思います。

株式会社ボーテクリエイト,向井ゆきの経歴

まず、株式会社ボーテクリエイト,向井ゆきの経歴を紹介します。
佐賀県の高校→福岡の中州のキャバ嬢→そしてわずか2年で年商1億円を実現(したらしいです)。そしてゆるあま(緩く甘く)生きていきたいという理由で、すぐに会社を解散。しかし会社を解散したと思ったら、解散させられたのは社員だけで会社は存続。それからというもの次から次へ会社(ブログ)を立ち上げ「向井ゆきワールド」を突き進んでいるみたい。

向井ゆき,スピリチュアル

向井ゆきのブログを読んでみてわかったこと、それは、私、つまり向井ゆきのような思考をすれば幸せになれると謳っていること。しかも驚くことなかれ、多くの女性信奉者が存在しているのです。

もちろん月額料金を支払ってですよ!?!

私が思うに向井ゆきは、自分の夢を語ってそれを売り物にしているだけの女性のような気がします。(スピリチュアル商法)

向井ゆき,オンラインサロン

向井ゆきが運営するゆるあまサロン,オンラインサロンで、向井ゆきは5つのメリットを謳っています。

1.週1回の動画(ライブ配信)。

2.Instagramで豊かさのシェア(自分自身の豊かさを共有)。

3.本や映画からのメッセージを咀嚼・吸収

4.向井ゆきの日記を公開。

5.言葉の定義を軽やかにするワークを実践

これって「自分自身はこんなに素敵な人生を歩んでいるの。みなさんも一緒に歩んでみませんか?」と誘っているだけだと思います。

しかもお金までとって!

その誘導に導かれるように、多くの女性が慕っている事実。

なぜ向井ゆきみたいな怪しいのを信用するのか?本当に不思議でなりません。

向井ゆき,ゆるあまサロン

向井ゆきのゆるあまサロンに参加すれば、次のような特典が付いてくるんだとか。

〇男性(異性)やお金・仕事から愛される。

〇夢や恋を含めすべての願望を手に入れることができる。

〇(向井ゆきさんの)エネルギーを吸収することによって人生自体が豊かになる。

この特典を信じている女性がいるというのが驚きです!

向井ゆきの自己満足スピーチを聞くだけで、ユーザー女性自身も満足できる!?!

もちろん、ありえないことです。

向井ゆきの評判

以下のような向井ゆきの評判は絶対に信用してはいけません。向井ゆき本人か、向井ゆきの講座受講生が投稿した自作自演の口コミである可能性が高いからです。

・向井ゆきさんはまさに人生の羅針盤です!

・向井ゆきさんプロデュースのセルフクリエイト手帳を使っていて、手帳が仕事や人生の相棒になっています

・向井ゆき監修SNSビジネス、構築講座2daysでお金が稼げるようになりました!

向井ゆき,料金

さらにもう1つ言わなければいけないことが。

向井ゆきのメンタープログラムという講習についてです。

その内容は、月2回4時間のグループセッションを5ヶ月間行うというもの。

最終的には講習を受けている女性も、人生を謳歌している向井ゆきさんのステージに行くことができるらしい…です。

最近は、向井ゆきはダイヤモンドビューティープログラム、通称BPという美容講座を開催しています。

3日間で60万円の料金がかかるのだとか。

まさかとは思いますが、入会した人なんていないでしょうね?

向井ゆきを信奉するのは自由なので、とやかく言う必要はないかもしれません。

しかし、3日で60万円の料金をとる向井ゆきは、やっぱりおかしいと思います。

ということで、今回はゆるあま社長の向井ゆきについて解説してみました。

ゆるあま社長,向井ゆきの評判

ゆるあま社長,向井ゆきの評判を知りたい方は向井ゆきの掲示板を利用しましょう。URLはこちら

本サイトは、ゆるあま社長,向井ゆきの口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました