7.1 C
New York
水曜日, 2月 28, 2024
spot_img

石井道明の無在庫輸入物販の評判や口コミと料金

石井道明の無在庫輸入物販は稼げるのか?リスクはないのか?質問を頂いたのでレビューをいたします。石井道明の無在庫輸入物販のセミナーや情報商材を検討している方、ぜひ参考にしてください。

石井道明のAutomation転売

「1日60分もあれば自宅にいながら月収250万円を稼ぐことは可能です!」と謳うこの石井道明のAutomation転売は、無在庫輸入転売となります。
転売ということなので、初心者にはわかりやすい、取り組みやすいビジネスであることは間違いないと思います。
ただ、大きく稼げるかどうかは別です。
しかも今回は、輸入商品を無在庫で、さらに転売するということなんですがどうなんでしょうか?

石井道明のセミナー

石井道明は無料セミナーの募集をしています。当然、無在庫輸入転売についてのセミナーになるわけですが、その前に転売について少しだけ説明しますね。
転売は、簡単にいうと「安く仕入れて高く販売する。」という非常にシンプルなビジネスです。しかしながら、その反面「作業量の多さ」「在庫リスク」「仕入資金」などのデメリットもあります。今回の案件、石井道明のAutomation転売のセールスレターには、「転売のめんどくさい作業を90%カットした無在庫輸入」とあるのですが、実際はどうなんでしょうか?

転売では、

・商品リサーチ
・仕入購入
・出品
・質疑応答
・入金確認
・梱包
・発送

という作業が出てきます。
順番に説明していきます。
商品リサーチについては、欧米Amazonでは取り扱いがあるのに、日本Amazonでは取り扱いがないものを自動的にピックアップしてくれるようです。
事実、商品リサーチは時間がかかります。
自動的にピックアップしくれるならありがたい話ですが、ここで気になることがあります。
欧米でしか取り扱いがない商品をピックアップしてくれるのはありがたいのですが、その商品が日本で仕入金額より確実に高く販売できるかどうかは調査しないといけません。
また、初心者が海外Amazonで発注するには、慣れが必要だと思います。
そうなると結局は、時間はかかってしまいそうですが…。
出品に関しては、無在庫なので商品が見つかったら、先に出品してしまうわけですね。
在庫を持つリスクはありませんが、別な問題が…。
それは出品した商品が売れたタイミングで商品を購入するのですが、その時点で既に商品在庫切れになっている場合があります。
また商品在庫があったとしても、手元に到着するまでの期間や送料コスト、さらに破損のリスクもあります。
そこから梱包、発送なので、本当に「しんどい作業を90%カット」できているか問題です。
セールスレターでは、1商品で1万円程度の利益がでるとのことですが、1ヶ月で250万円売り上げるためには、1ヶ月25日稼動としても1日10個の商品を発送する必要があります。
これはかなり手間のかかる作業です。
外注する方法もあるとは思いますが、経費を考えるとかなり利益が減ります。
そういったリスク、問題点を、石井道明はセミナーでクリアにしているのでしょうか?

石井道明の料金

そもそもAmazonは無在庫転売を禁じています。
順調にいけばいいかもしれませんが、発送まで時間がかかったりしてクレームが入ったりして無在庫転売がばれてしまうと、アカウント閉鎖になる可能性があります。
また、石井道明のセミナーの口コミを調べると、セミナー終盤で約30万円のバックエンドに勧誘しているみたいです。
このやり方は、違法とまでは言わないけど、非常に悪質ですよね。無料でおびき寄せ、30万円の料金がかかる情報商材を買わせようとしているのだから。
まずはセミナーを受けてから判断するのもよいかと思いますが、セミナーに出席するとかなりのキツイ勧誘が待っています。
それ以前に、海外からの輸入無在庫転売というビジネスに取り組めるかどうかがポイントではないでしょうか。
以上のことを考慮すると、石井道明の転売の無料セミナーへの参加は充分考慮されたほうが良いと思われます。

石井道明の転売の口コミ

当サイトは、石井道明の転売の無在庫輸入物販の口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました