17.2 C
New York
水曜日, 4月 17, 2024
spot_img

株式会社Realize 長谷川たくまは怪しい

式会社Realizeの長谷川たくまについてご質問いただきましたので回答いたします。まず、ご質問内容をご紹介します↓

初めまして。いつも拝見させていただいております。
世の中の商材系統は詐欺が多い中、一部は本物もある事実、稼げる商材、コミュニティを探しております。大学生です。
そして現在、長谷川たくまさんの
「giversネット物販スクール」
に勧誘されております。
しかし長谷川さんは、かの金川一派の人間で、金川系統は悪評がはびこっておりますが、管理任様としては、長谷川たくまさんについてどうお考えかご教授願いたいです。
長谷川さん自体、金川のようにまだあまり掲示板などにも書き込まれていないため、情報不足となっていまして…

長谷川たくまのスクールは行ってはいけない

回答します。結論から言うと、長谷川たくまのgiversネット物販スクールは申し込んではいけません。このスクールに入ると、無在庫転売(これは規約違反行為です)をさせられます。そもそもネット物販ビジネスじたいとても難しいものですから、初心者にはおすすめできません。
しかも長谷川たくまをはじめ、金川グループの人間のほとんどはただの即席の成功者です。中身も実力も知性も伴わない、インスタントラーメンのような安物、なんです。そんな人間から何を習えるというのでしょうか?
(ただ、金川顕教はすごいです。彼は本物です。)

長谷川たくまのブックメーカー

長谷川たくまはココナラでブックメーカーの情報を販売しています。

長谷川たくまのココナラ
https://coconala.com/services/217662

まぁでもよく見ると販売実績はたった0!しかも、長谷川たくまはココナラに登録して1年以上たっているのです。
長谷川たくまは実績も何もないわけ。
しかも

>3万を10万円にするブックメーカー投資法教えます

こんな素敵な情報をたった500円で教えてくれるというw

株式会社Realize 長谷川たくまの口コミ

以上のことから、長谷川たくまはどう見ても怪しいと思います。
金川、および、長谷川たくまのグループは、会社に不満を抱えている若い連中をそそのかせ、高額のセミナー料や情報商材代を召し上げている悪徳グループです。このグループで稼げている人間は、新たなカモを見つけられた人間だけ。貞子の呪いのビデオをイメージするとわかりやすいです。

結局、このグループは何も新しい価値を生み出していません。

当ブログは、株式会社Realize 長谷川たくまの口コミを募集しています。お気軽にご連絡ください。

長谷川たくまのホームページはこちら
http://takuma-hasegawa.com/


(2019/6/30追記)
彼氏が「坂本りょうま」というコンサルタント業を教えてくれるという経営者の人のためにお金を払ったり、教えてもらったことを一生懸命したりしています。でも、私から客観的に見ると怪しいのです。こくちーず というやつで知って、個別セミナーに行って話を聞いてやると決めたみたいなのですが。まず、150万円払って欲しいと言われたそうです。「大学生にはないだろうから親に借りてでも払って、逃げられない状況を作って欲しい。」と言われたそうです。彼はお金がないし、親に言う気もないので上手く嘘をついて頭金1万にしてもらったみたいです。それでノウハウの動画を見るためのパスワードを教えてもらい、次の段階に進むには10万円払わなきゃいけないみたいです。彼は100%信じているわけではないものの、70%くらい信じていると言っています。
坂本りょうまは「長谷川たくま」って人の会社の取締役の下のまとめ役みたいな役職の人らしいのです。しかし、150万の話を始め、TwitterやInstagramにメールアドレスがなかったりと私は怪しいなと思う点がいくつかあるのです。
坂本りょうまは詐欺ではない大丈夫な人なのでしょうか。何か情報があればと思い、連絡させていただきました。
+++++++++++++++++++++++++
150万円騙される前にこのサイトを発見できてラッキーでしたね。

長谷川たくまも坂本りょうまも詐欺まがいですよ。

この記事を彼氏さんに見せてあげてくださいね。

admin
adminhttps://komeda.shop/
【どんな些細なことでも相談ください】ネットで稼ぐ方法を知りたい。どの副業が自分に合っているか?。詐欺業者から返金をさせたい。この案件は詐欺では無いか?。被害者の会を作ってほしい 。この情報商材をレビューしてほしい 。などなど、お気軽に連絡ください。【社会正義を目的とした告発を歓迎します。】

Related Articles

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -spot_img

最新の記事

追記した過去記事

15 year anniversary
サイト運営15周年を迎えました